トップページ

全身脱毛におすすめの方法は?サロンやクリニックを選ぶ際のポイントは?初めての方にも分かりやすく解説します

今、全身脱毛を望む女性が急増しています。全身脱毛を行うには、家庭用脱毛器、脱毛サロン、病院や医療クリニックといった医療機関などがありますが、特に脱毛サロンでは様々なプランや複雑な料金設定などがあり、迷ってしまう方も多いことと思います。いったいどの方法で全身脱毛をするのがベストなのでしょうか。 今回は全身脱毛におすすめの方法や、サロンや医療機関を決める際に押さえておきたいポイントなども踏まえて解説いたします。特に全身脱毛が初めての方は、失敗しないためにも、どの方法で全身脱毛をするべきか慎重に選ぶようにしましょう。

全身脱毛の部位について

 

「全身脱毛」というと、文字通り“全身くまなく”というイメージがありますが、実際には施術が不可能な部位もあります。

デリケートゾーン、肌トラブルを招く恐れがある部位、効果が出にくい部位など、各サロンや医療機関ごとに基準は異なりますが、全身脱毛のプランに含まれていないこともあります。

脱毛を希望する部位がプラン内に含まれているか、事前にホームページなどでチェックしておきましょう。

 

 

全身脱毛をするならどれ?

 

全身脱毛をするには、家庭用脱毛器、脱毛サロン、病院や医療クリニックなどの医療機関があります。

それぞれの特徴を見てみましょう。

 

(1)家庭用脱毛器

近年、フラッシュ式脱毛器やレーザー式脱毛器など、様々な製品が開発され販売されています。

性能も向上しており、特に脱毛サロンと同じ方式のフラッシュ式脱毛器が人気のようです。

しかし家庭用脱毛器で全身脱毛を行うには、ご自身の手が届かない部位をどうするかといった問題や、使用方法を誤って火傷や肌荒れなどのトラブルを招いてしまう、あるいはレーザーなどを直視してしまって視力低下や失明を招いてしまう、といったリスクも含んでいます。

もしご自身で行う場合は、使用方法などを十分に理解した上で行うようにしましょう。

 

(2)脱毛サロン

「脱毛」と言えば脱毛サロン、という方も多いのではないでしょうか。

今は月額制で無理なく通える脱毛サロンが増えてきていますし、脱毛機器の性能も向上しているおかげで満足度も上がってきているようです。

しかしながら、未だに料金トラブル、肌トラブル、ホームページに記載の施術内容と異なるといった問題が多いようです。

選ぶ際のポイントについては後述しますので、サロンを決定する前にしっかりと確認をするようにしましょう。

 

(3)医療機関

早く・確実に全身脱毛を行えるのが、病院や医療クリニックなどの医療機関です。

また医療機関ですので、医師や看護師が常にいることからも、万が一の肌トラブルにも迅速に対応してもらえる点は、非常に大きな安心感に繋がります。

料金についても、不意の追加料金などを請求されることもなく、ホームページ等に記載されている料金のみで終了するケースがほとんどです。

脱毛サロンと異なり、複数の店舗があることが少なくその一箇所だけということも多いため、予約の面で工夫が必要になるかもしれません。

 

 

失敗しないためのポイント

 

全身脱毛が初めての方はもちろん、過去に失敗してしまった経験がある方も、納得のいく結果を得るためには何を重視すべきなのでしょうか。

それでは、「皆さんが重視しているポイント」と「実際に選ぶ際に注意するポイント」をご紹介します。

 

(1)皆さんが重視しているポイント

全身脱毛をしようと考えた時に、家庭用脱毛器、脱毛サロン、医療機関のいずれかを選ぶことになると思いますが、皆さんはどのような事を重視して選んでいるのでしょうか。

 

《家庭用脱毛器を選ぶ際に重視しているポイント》

・価格

・口コミ(実際に使用した人の効果、痛み、その他の感想をチェック)

・コスパ(カートリッジの追加購入などの継続的にかかる費用など)

・照射回数(ショット数)や照射範囲

・部位(脱毛が可能な部位・不可能な部位)

 

《脱毛サロンや医療機関を選ぶ際に重視しているポイント》

・安さ(月額費用の安さ、トータルでの安さ)

・脱毛範囲(顔やVIOなども含まれているか)

・痛み(施術時の痛みの程度)

・プラン(回数制か無制限かなど)

・通いやすさ(予約の取りやすさ、店舗の多さなど)

・時間(1回の施術にかかる時間)

・回数(年間に通える回数)

・清潔感

・途中で解約できるか、返金や解約金・違約金の有無

 

(2)実際に選ぶ際に注意するポイント

それではどの方法や機関を選ぶかという点について、それぞれ注意したいポイントを見てみましょう。

 

■家庭用脱毛器を選ぶ際に注意したいポイント

家庭用脱毛器で脱毛をしようと考えている方に、選ぶ際のポイントをお伝えいたします。先に挙げた費用なども大切ですが、見落としがちな部分もありますので、再確認をしましょう。

 

《肌質や毛質・毛量を知っておく》

肌質が弱いのに刺激の強いレーザー式を購入してしまったり、フラッシュ式であっても出力を上げすぎてしまったりすることで、肌トラブルの元になります。

また、毛の量が多い、毛が太い方の場合はより時間がかかったり、綺麗に脱毛ができない可能性もあります。

せっかく高いお金を出して購入したのに、納得の行く結果が得られなければ無駄になってしまいますので、口コミを参考にするのも良いのですが、まずはご自身の肌質や毛質・毛量などを把握しておきましょう。

 

《効果と痛み》

フラッシュ式、レーザー式のどちらも毛根にダメージを与えて脱毛を促すことに変わりはありませんが、レーザー式の方が光が毛根に届きやすいため、効果が高いとされています。

その分、痛みや肌への刺激はフラッシュ式よりも強くなります。

一方、フラッシュ式はレーザー式ほどの痛みはありませんが、脱毛の効果は劣ると言われています。

ただし効果や痛みに関しては、個人差が非常に大きいということも念頭に置いておく必要があります。

 

《ランニングコスト(継続的にかかる費用)を重視する》

本体費用がいくら安くても、使い続けていく中でカートリッジの買い替えや、専用ジェル・クリームなどを追加購入しなければならない商品もあります。

長期的に見ると、本体費用が高くてもランニングコストが不要な商品の方が安く上がることがありますので、購入前にある程度計算をしておくなどしましょう。

 

■脱毛サロンを選ぶ際に注意したいポイント

脱毛サロンのホームページは非常に分かりにくい構造になっていることが多く、料金が曖昧で分かりにくい、割引の条件などが小さく書かれていて気づかない、永久脱毛ができると誤解を招くような表現があるなど、トラブルの元になる表記が見られます。

そこで、脱毛サロンを選ぶ際に気をつけたいポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

 

《永久脱毛はできません》

脱毛サロンでは「永久脱毛」は行えません。

これは、厚生労働省がレーザーや電気針(ニードル)などを使用して行う脱毛は「医療」であるとしており、医療機関としての認可を得ていない脱毛サロンでは、非医療機関でも使用可能なレベルの脱毛機器しか扱えないためです。

永久脱毛を行えるのは病院や医療クリニックなどの「医療機関のみ」ですので、もしこのような表記がある場合は注意が必要です。

 

《回数と費用》

サロンごとに独自のプランを設けています。その中でもよく見かけるのが「6回」という回数ではないでしょうか。

ぱっと見ると「6回通えば完了する」と思ってしまいますが、全身脱毛が6回で完了することはほとんどありません。

平均すると15回~18回の照射回数が必要になり、また期間も2年~3年は通うことになります。

当然、その分費用が高くなりますので、病院や医療クリニックよりも高くつく場合があるということを知っておきましょう。

 

*全身脱毛にかかる費用の例(6回の費用→15回~18回通った場合のおおよその費用)

A社:95,000円→237,500円~285,000円

B社:114,000円→285,000円~342,000円

C社:119,753円→299,383円~359,259円

D社:122,400円→306,000円~367,200円

 

《月額制》

月額制のプランは一見お得に感じます。実際にお得なプランを提供しているサロンも多いのですが、脱毛には「毛周期」が関係してきますので、基本的には2ヶ月~3ヶ月に1回の施術になります。

月額制の場合、通った回数ではなく毎月支払いが発生しますので、思ったより費用が高額になってしまった、というケースも多く見られます。

 

《部位》

全身脱毛において「全身○箇所」という部位数を重視しているという方も多いことと思います。

この数はサロンごとに基準が異なり、例えば肘下を左右で「1箇所」とカウントするサロンもあれば、左右で「2箇所」とカウントするサロンもあります。単純に部位数だけで判断することは避けましょう。

 

《肌トラブル時の対応》

サロンは医療機関ではありませんので、医療従事者は基本的に在籍していません。

また、もし在籍していたとしても、医療機関ではありませんので医療行為が行えません。

万が一、火傷、傷、その他の肌トラブルが発生した時には、ご自身で医療機関に行かなければならないことを覚えておきましょう。

その際の費用などについても、契約をする前にしっかりと確認をしておくことが大切です。

 

《勧誘》

一時期、サロンというと「強引な勧誘」「契約するまで帰れない」といったイメージが強く、残念ながら実際そのようなサロンも多数存在していました。

現在では法律により罰せられますので、ホームページ上でも「勧誘なし」と謳っているサロンが増えてきました。

それでも、契約や他のプランの併用などを“ご案内・ご紹介”として勧めてくるケースは少なくありませんので、本当に納得した上でない限りその場での契約はせずに、よく検討するようにしましょう。

全身脱毛を完了させるには、2年~3年は通うことになりますので、サロンと長い付き合いができるかどうか見極めることもポイントです。

 

多くのサロンは健全な営業を行っていることと思いますが、中には消費者に分かりにくいように記載しているサロンなどもあります。

もし脱毛サロンに通いたい場合は、ホームページ等を熟読し、小さな疑問でもきちんと解決させた上で契約をするようにしましょう。

 

■医療機関を選ぶ際に注意したいポイント

医療機関は、当然ですが国から医療行為を行うことを認められていることもあり、使用できる脱毛機器は、家庭用やサロンとは比にならないほど安全性・性能ともに高いものを使用しています。

 

そこで、注意するべきポイントが3つありますので見てみましょう。

 

《脱毛機器・脱毛方法》

医療機関での脱毛は「痛い」というのがこれまでの印象でした。

現在では、新しく開発されたレーザー脱毛器を使用していれば、痛みはほぼサロンと同等以下にまで抑えられるようになりましたが、比較的古いレーザー脱毛器では痛みが強い場合があります。

また、電気針によるニードル脱毛も強い痛みを伴いますので、どのような脱毛機器や脱毛方法を取り入れているか、確認をしておきましょう。

 

《予約・場所》

チェーン店が多いサロンと違い、医療機関は一箇所にしかないことがほとんどです。

高性能の機器を使用するためサロンより早く脱毛が完了するとは言っても、少なくとも1年は通うことになりますので、仕事帰りや休みの日に通いやすい場所か、また予約の取りやすさはどうかなどについて、あらかじめ確認をしておくようにしましょう。

 

《料金設定》

医療機関は費用が高いと思われがちですが、脱毛サロンが実質「6回プラン×2.5倍~3倍」の費用が必要であることを考えると、実は大差がない・場合によっては医療機関の方が安くなる、ということが分かります。

また、かかる費用は安いに越したことはありませんが、他の医療機関と比較して「安すぎる」料金設定の場合は、施術に慣れていないなどの可能性もありますので注意しましょう。

 

 

全身脱毛は結局どこで行うのがおすすめ?

 

様々な比較をしましたが、費用、安全性、完了するまでの時間などトータル的に考えると、医療機関での全身脱毛が、結局のところは一番良い方法であると言えるのではないでしょうか。

なぜ医療機関での脱毛が良いのか、これまでに挙げた理由をまとめました。

 

(1)安全性・確実性

前述の通り、厚生労働省はレーザーや電気針などを使用した脱毛を医療行為としており、その医療行為を行えるのは医療機関だけです。

サロンは医療機関ではありませんので、使用できる機器の出力レベルなども低く、安全性においても確実と言い切ることができません。

医療機関は「医療」という言葉からも想像がつくように、機器については高い安全性や確実性があります。

 

(2)費用

サロンでの全身脱毛は、完了するまでにホームページに掲載されている料金のおよそ2.5倍~3倍程度が必要になりますが、医療機関での脱毛は、ほとんどがホームページなどに掲載されている料金で完了します。

医療機関で追加料金が発生するケースは、ご自身の意思で照射を追加した場合などのみです。

また、専用クリームなどの購入や、強引な勧誘、他のコースを勧められるといったこともまずありません。

支払いについても、医療ローンなども利用できますので、月々サロン並の料金に抑えられます。

 

(3)永久脱毛ができる

医療用レーザー脱毛器のみが、毛を生やす細胞である「毛母細胞」を破壊できます。

つまり、永久脱毛が可能ということです。

サロンで一度全身脱毛が完了しても、サロンの脱毛方法は抑毛(毛が生えてくるのを抑える)であるために毛母細胞は死滅せず、数ヶ月後~数年後にまた生えてくる可能性が大きくなります。

そうなると、再度高い費用を出して脱毛を行わなければなりません。

 

(4)トラブルの際にも安心

医師や看護師が常駐していますので、万が一のトラブルの際にもその場で医療処置を施してもらえるという安心感があります。

 

(5)高い技術力と知識

医療行為を行うには、医学的な知識と高い技術力が必要になります。

医療行為に必要な専門の知識と豊富な経験を持った医師や看護師が常駐している医療機関であれば、例えばご自身やサロンでは気づくことができなかった肌についてのアドバイス、肌にとって良いこと・良くないことなど専門的な話を聞くこともできます。

 

(6)完了までの期間が短い

・サロン・・・照射回数は15回~18回程度、期間は2年半~3年程度

・医療機関・・・ホームページ等に掲載されている回数(5回~6回程度)、期間は1年程度

完了するまでにこのような違いがあり、医療機関はサロンよりも少ない回数・短い期間で完了できます。

 

(7)施設が清潔

サロンの場合、衛生面の基準が定められておらず、サロンごとに異なります。

一見綺麗そうに見えても、タオルやシーツがクリニーニングされていなかったり、シェーバーを使いまわしているところもあります。

その点、医療機関は衛生面の基準が厳しいため清潔であると言えます。

 

 

銀座ファインケアクリニックでは全身脱毛キャンペーンを行っています

 

当クリニックで実施している「春に向けてツルスベ肌を先取りキャンペーン」の特徴をご紹介します。

全身脱毛をお考えの方は、この機会にぜひ、ご検討ください。

 

・最新の医療用レーザー脱毛器で照射スピードが2倍(全身脱毛が1回2時間程度で完了)!

・脱毛時間が短縮されたことで予約が取りやすくなった!

・VIOを含めた首から下すべて脱毛が可能!

・様々な種類の医療用レーザー脱毛器を取り揃えている!

・患者様の肌質・毛質・毛量に最適な脱毛器をセレクトできる!

・医療レーザー脱毛全身4回が248,000円(平日限定では198,000円)!

・月々9,000円(平日限定24回払いの場合/一括・12回払いも選択可)!

・今ならクリニック専用ボディトリートメントをプレゼント(お申し込みは3/31まで)!

・2名様以上で同時に全身脱毛をご契約いただくと、ペア割でそれぞれ20,000円OFF!

 

*金額はすべて税抜きです。

*キャンペーンの内容は変更になることがあります。事前にご確認ください。

 

全身脱毛は、これまでよりも費用が安くなってきたとは言え、まだまだ「安い」とは言えません。

失敗しないためにも、今回のポイントを踏まえ、信頼できる医療機関を選びましょう。

全身脱毛をお考えの方はぜひ一度、当クリニックまでご相談ください。

脱毛
Copyright © 2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.

WEB予約
ご予約
0120-312-879