トップページ

小顔マスクは本当に小顔になれる?大きいマスクは小顔効果がある?などマスクと小顔について解説します

「マスク」というと、少し前まではファッションを重視する若い人たちの間では「かっこ悪い」「ダサい」などのイメージしかなく、風邪がひどい場合や花粉症対策などでしか使われないことが多かったのですが、近年ではファッションの一つとして様々なデザインのマスクが販売されるようになりました。 その中には、なんと「小顔効果があるマスク」という非常に興味深いものまで出ているようです。今回は、小顔とマスクについて少し深く掘り下げてご紹介します。

これまでのマスクはなぜ敬遠されてきたのか

 

従来のマスクの用途は、咳やくしゃみなどによる飛沫を飛散させないためと、ウイルスやホコリなどを吸い込まないようにするために着用する、という2つの用途がメインでした。

デザインなどにはこだわっていないものが多く、若い女性などは特に、街中でマスクをかけているのは恥ずかしいと思う傾向にありました。

 

また機能性も現在とは違い、耳にかけるゴムが固くて長時間着用すると耳が痛くなってしまう、顔にジャストフィットしないため鼻の頭や頬が浮き上がってしまい、結局ウイルスやホコリが侵入してきてしまう、といったこともあり、マスクの着用を敬遠されてきたようです。

 

 

近年販売されている様々なマスク

 

花粉症の人が増えたことや、新型インフルエンザあるいは感染症や大気汚染などが社会問題になったこともあり、数年前からマスクを着用する人が急増し、それに伴い様々なデザインや機能性を兼ね備えたマスクが開発・販売されるようになりました。

 

・若い人にも抵抗なく着用してもらえるようなカラフルなもの

・キャラクターのデザインがプリントされているもの

・耳にかけるゴムが柔らかく、長時間着用しても耳が痛くならないもの

・喉の乾燥を防ぐために加湿シートを装着するもの

・ワイヤー入りで鼻の凹凸部分など顔の輪郭にぴったりフィットさせることができるもの

 

このように、実に様々なタイプのマスクが流通しています。

機能性も向上し、PM2.5などの大気汚染物質や花粉、ウイルスといった病原体やアレルゲンに対しても非常に高い防御機能を兼ね備えています。

 

その中でも女性に人気があるのが「小顔効果」があるマスクです。

どのようなマスクなのか、詳しく見ていきましょう。

 

 

小顔効果があるマスク

 

「小顔効果があるマスク」というと、ただ単に大きめのマスクをかければ、顔は小さく見えるのでは?と思う人も多いのではないでしょうか。

 

確かに、大きめのマスクをかけることで小顔に見える効果がある人もいます。

ですが、顔の形やその他のパーツとのバランスなどを考えると、「大きいマスク=小顔効果がある」とは一概には言えず、逆に小さめのマスクをかけた方が小顔に見えるという人もいます。

「小顔に見えるマスク=自分の顔の形に合ったマスク」である必要がありますが、ドラッグストアなどでは“試着”ができないため、自分にぴったりのマスクを選ぶのは少々時間がかかることかもしれません。

 

一方、現在販売されている「小顔効果があるマスク」は、密着感とフェイスラインを美しく見せるためのフォルム(形状)が緻密に計算されていて、一人一人の顔の形にしっかりとフィットすることでフェイスラインの浮き上がりを抑え、シャープな印象を与えます。

そのうえ、機能性も3層構造などでウイルスや花粉などもしっかりガードできるといった優れものが多く、またフィットするにも関わらず口元には余裕があり、しゃべりにくさや息苦しさなどを感じないものが多くなっています。

 

 

日本人の顔のサイズ

 

ところで、日本人の顔の平均サイズはどれくらいでしょうか。

「産業技術総合研究所デジタルヒューマン工学研究センター」が2001年に発表した「日本人頭部寸法データベース2001」によりますと、次のようになります(18歳から34歳の男女317名を対象にした調査結果です)。

 

■全頭高(顎の先から頭頂部までの幅)

女性:218.0mm

男性:231.9mm

 

■頭幅(耳の上部で測った頭部の幅)

女性:153.3mm

男性:160.8mm

 

■耳珠(じじゅ)間幅(左右の耳珠点間の直線距離)

女性:138.0mm

男性:147.7mm

*「耳珠」とは外耳道(耳の穴)の入り口にある小さな出っ張り部分のことを指します。

 

2001年のデータのため現在は多少の変化はあるかも知れませんが、平均するとこのような数値になるようです。

目安として、女性の場合はA5サイズのノートなどに顔全体が隠れると、「平均よりも小顔」ということになります。

 

 

本当の小顔を手に入れるために

 

自分の顔の大きさや形などを知ることで、小顔に見えるマスクを探し当てることも可能ですが、さすがに四六時中マスクを着用するわけにはいきません。

マスクに頼らず本当の小顔を手に入れるために、ぜひ銀座ファインケアクリニックで行なっている医療ダイエットをお試しください。

 

■BNLS(小顔注射)

植物から抽出した成分がメインの脂肪溶解注射です。リンパの流れを改善して脂肪の溶解・分解を促進することで、小顔を手に入れることができます。

翌日から効果が現れ、ほとんどの方が2日あるいは3日程度で脂肪量の変化を実感していただくことができます。

 

■脂肪溶解注射

太りやすい体質の元となる「脂肪細胞」は、ダイエット、運動、食事制限などでは減らすことができません。

脂肪溶解注射では、身体にメスを入れることなく注射のみでその脂肪細胞の数を減らすことができますので、リバウンドの心配もなく小顔を手に入れることができます。

 

銀座ファインケアクリニックでは、豊富な知識と経験を持った医師や看護師が患者様お一人お一人に合った治療方法をご提案させていただいております。

憧れの小顔美人を手に入れたい方は、まずはぜひ一度ご相談ください。

ダイエット・小顔
Copyright © 2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.

WEB予約
ご予約
0120-312-879