トップページ

脱毛の種類とそれぞれの特徴について

一言で「脱毛」と言っても、自宅でできる脱毛からエステティックサロン、医療クリニックで行う脱毛まで、その種類は様々です。主な脱毛方法とそれぞれの特徴を解説いたします。

自宅で行える脱毛方法

 

多くの方が一度はカミソリや毛抜きによる脱毛を経験したことがあると思いますが、そのほか最近では手軽に自宅でも脱毛が行えるような脱毛器なども多く流通しています。

それぞれの特徴を見てみましょう。

 

《カミソリ》

カミソリは手軽にできるため、実際に行っている方も多いことと思います。

ですが、カミソリは毛を剃ると同時に皮膚の表面も削り取ってしまいます。

カミソリ負けによる炎症や、刺激を与えることによって色素沈着(いわゆる黒ずみ)が出来てしまうリスクがあります。

 

《毛抜き》
カミソリと同様に、手軽に行える脱毛方法です。毛抜きは毛根から抜きますので表面上は綺麗ですが、少なからず毛穴や皮膚にダメージを与えています(抜く時の痛みがそれです)。

また一本ずつ抜かなければなりませんので時間もかかる上、傷ついた毛穴に菌が入り込んで化膿してしまうリスクや埋没毛のリスクがあります。

 

《脱毛(除毛)クリーム》

脱毛したい部位にクリームを塗って、決められた時間を空けてから洗い流す脱毛方法です。

クリームには毛の主成分であるたんぱく質を溶かす成分が含まれていて、仕上がりは綺麗に見えます。

しかしながら、肌への刺激も比較的強いですので、肌が弱い方や生理中の方など肌が弱っている方は注意が必要です。

 

《脱毛ワックス》

脱毛専用のワックスを脱毛したい部位に塗り、固まったところで引き剥がす脱毛方法です。

一度に広範囲の脱毛が可能ですが、毛がワックスにしっかり接着する必要がありますので、最低でも1センチ程度の長さが必要になります。

また、引き剥がす時の刺激によって肌や毛穴が傷ついたり、一部抜けずに残ってしまうこもあります。

 

《家庭用脱毛器》

一般家庭で使用できる程度の出力や性能のため、エステティックサロンや医療クリニックほどの効果は見込めませんが、自宅でできる様々な脱毛器も流通しています。

メラニン色素に反応する光を照射するフラッシュ脱毛器、光ではなくレーザーを照射するレーザー脱毛器、熱のエネルギーを利用して毛を焼き切るサーミコン式などがあります。

継続して使用するには、カートリッジの交換が必要になるものもあります。

 

 

エステティックサロンで取り入れている脱毛方法

 

エステティックサロンでは、レーザーや電気針などを使用した脱毛は医療行為に当たるため、行うことができません。

そのため、主に「フラッシュ脱毛(光脱毛)」と呼ばれる脱毛方法を行っています。その種類をご紹介します。

 

《IPL脱毛》

「インテル・パルス・ライト」の略で、肌に照射することでメラニン色素に反応し、毛根にダメージを与えることで脱毛を促進するという方法です。

全身の脱毛を希望する場合は、平均で3年程度通わなければなりません。

 

《SSC脱毛》

「スムース・スキン・コントロール」の略で、特殊なジェルを皮膚に塗ってから光を照射します。

するとジェルの成分が光に反応し、毛の生成を抑制します。

肌には優しいと言えますが、効果を実感するまでには時間がかかるとも言われています。

 

《SHR脱毛》

IPLやSSCと違い、メラニン色素ではなく毛包(毛根を包んでいる組織)に直接働きかけるため、毛周期に関係なく施術を受けることができます。

また日焼け、産毛、金髪といった部位にも対応が可能ですが、毛母細胞を破壊することはできませんので、再生率は高くなるほか、この脱毛方法はまだ新しいためにデメリットについて未解明な部分も多くあります。

 

 

医療クリニックで取り入れている脱毛方法

 

医療クリニックでは医療行為が認められておりますので、レーザーや電気針(ニードル)を使用した脱毛方法を行っています。

 

《医療レーザー脱毛》

表皮の色素細胞や毛包のメラニン色素に反応し、確実に毛母細胞を破壊します。

そのため再生するリスクもほとんどなく、永久脱毛が可能です。

近年用いられている医療レーザー脱毛器は痛みも抑えられ、なおかつコラーゲンの合成を促進する働きから肌のハリ・ツヤが出るなど、美肌効果も期待できます。

 

《ニードル脱毛》

以前は「永久脱毛」と言えばニードル脱毛が主流でした。

絶縁処理した特殊な針を、毛穴一つ一つに差し込んで微弱電流を流すことで毛乳頭を破壊するため、効果は高いのですが時間や費用がかかることや痛みが伴うこともあり、最近では取り入れている医療機関も減ってきています。

 

 

なぜエステティックサロンではレーザーや電気針を使用できないのか?

 

厚生労働省は、レーザーや電気針といった皮膚組織に直接働きかける行為を“医療行為”であるとしています。

そのため、本来は医療機関として認可を得ている医療クリニックでしかそれらの機器が扱えないのです。

もし非医療機関でそれらの治療を行っているとしたら、違法行為に当たりますので、施術を受けないように充分ご注意ください。

 

 

医療クリニックで脱毛することのメリット

 

脱毛の種類は様々ですが、皆様はいちばんに何を考えますか?

「費用」や「痛みの少なさ」などでしょうか。

 

もちろんそれらも非常に大切なことです。

しかし最も考慮するべきポイントは、「安全性」と「効果」という点であると考えています。

 

銀座ファインケアクリニックで行う脱毛は、医療機関にのみ使用が認められ、脱毛のほか美肌効果も期待できる高性能の医療機器を用いておりますので、安全性や効果は非常に高いレベルを誇ります。

また、常に医師や看護師がいることで万が一のトラブルに対しても迅速な対応が可能です。

 

最新式の医療レーザー脱毛器では、痛みも大幅に抑えられ、これまでの「レーザー脱毛は痛い」という概念を覆しました。

安全・確実に脱毛を行いたい方は、ぜひ一度当クリニックにご相談ください。

脱毛

関連記事

Copyright © 2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.

WEB予約
ご予約
0120-312-879