トップページ

自己判断は悪化の原因になることも。顔のシミの取り方について正しい知識を身につけましょう!

以前から気になっていたシミ、最近急に気になりだしたシミ、どんどん増えて行くシミ・・・など、シミは多くの女性を悩ませる皮膚の病気の一つです。実はシミには様々な種類があり、それぞれ治療方法も異なります。安易な自己判断は対処方法を間違え、悪化させてしまう原因になることもありますので注意が必要です。そうならないように正しい知識を身につけておきましょう。

シミの種類と原因について

 

冒頭で「シミには様々な種類がある」とお伝えしましたが、具体的な種類やその原因について見てみましょう。

 

《老人性色素斑》

シミの中ではいちばん多いのが、この老人性色素斑です。

小さい頃から長年にわたって紫外線を浴び続けたことによって、メラニン色素が蓄積し、シミとして現れます。

 

《炎症性色素沈着》

虫刺され、ニキビ、怪我、火傷などの傷が癒えた後に、その箇所に色素沈着が起こりシミとなって現れます。

一般的には時間の経過とともに薄くなる・消えるとされていますが、悪化して濃くなる・消えなくなるというケースもあります。

 

《肝斑》

30代~40代の女性に多く見られ、頬、額、鼻の下、下顎などに左右対称となって現れるのが特徴です。

特に妊娠中、更年期、経口避妊薬(ピル)を服用しているといった方に多いことから、ホルモンバランスが影響していると考えられています。

 

《雀卵斑》
いわゆる「そばかす」のことを雀卵斑(じゃくらんはん)と言います。

遺伝でないケースもありますが基本的には遺伝によるものが多く、その場合は10代の思春期頃から目立ち始めます。

また、紫外線を浴びることで範囲が広がったり濃くなったりします。

 

《脂漏性角化症》

紫外線の刺激による色素沈着や肌の老化などによって肌質が変化し、始めは普通のシミのようだった状態から徐々に盛り上がり「イボ」のようになってしまったものを、脂漏性角化症と呼んでいます。

 

《花弁状色素斑》

海水浴などで強力な紫外線を一気に長時間浴びた後などに出来やすいのが、花弁状色素斑です。

肩、首、胸、腕、背中などに出来やすく、淡褐色~黒褐色をしているのが特徴です。

 

■シミの原因として考えられていること

紫外線は最大の原因とされていますが、そのほかにも女性ホルモンが関与していると考えられるもの、遺伝によるもの、食生活や生活習慣に起因するものなど、シミの種類が多いように原因も多岐にわたります。

そのため、正しい治療をするには、医療機関を受診してシミの種類と原因を特定してもらうことが大切になります。

 

 

自己判断が危険だという理由

 

シミは決して一種類だけ現れるとは限りません。

実は2種類以上のシミが出来ていたり、シミの上に別の種類のシミが重なっている、といったことも考えられます。

 

そのため、きちんと見極めて正しい診断と正しい対処方法が行われなかった場合、悪化してしまう可能性が高くなる、というのが自己判断が危険だという理由です。

 

 

一般的なシミ対策

 

シミ対策として一般的に言われている方法には、次のような方法があります。

 

■日焼け止めなどの紫外線対策

今より悪化することを防ぐために、紫外線対策として日焼け止めなどを使用することは大切ですが、シミが出来てしまってから行っても改善はほとんど望めません。

紫外線対策は、シミが出来る前から始めておくことが大切です。

 

■ビタミン剤などを飲む

ごく薄いシミであれば多少は改善する可能性もありますが、それらは多くの場合炎症性色素沈着などで、自然に薄くなっていった可能性が高く、基本的にはビタミン剤を服用したからといって消えるほどシミは単純ではありません。

悪化を防ぐ目的での服用は大切ですが、紫外線対策と同様にシミが出来る前からしっかりと栄養バランスを考えた食生活を送ることが大切です。

 

■シミ取りクリーム・美白化粧品

皮膚科や医療クリニックなどで診察を受けて処方された薬などであれば良いのですが、自己判断で市販のシミ取りクリームや美白化粧品などを使用する場合は注意が必要です。

ご自身のシミや肌質に合わないものを使用した場合、シミが濃くなってしまうなどの逆効果が出てしまったり、またかぶれや肌荒れが起こってしまうなどの可能性があるためです。

 

 

まずは医療機関を受診しましょう

 

今回は顔のシミの取り方について解説しました。

正しい診断と治療を行うにはぜひ一度、医療機関で診察を受けてください。

銀座ファインケアクリニックでは、肝斑・シミに特化した最先端の治療方法を取り入れています。

 

《スペクトラ》

これまで治療が困難とされていた「肝斑」にも大きな効果を発揮している、最先端の肝斑・シミ治療機器です。

タトゥー、刺青などの除去にも効果があり、また美肌効果・美白効果も期待できるため、非常にご好評をいただいております。

 

《フォトフェイシャル》

IPLという光線をお顔全体に照射することで、紫外線によるお肌の老化現象を改善してお肌の新陳代謝を促進するほか、コラーゲンの再生能力を高める効果もありますので、老人性色素斑、雀卵斑などの治療のほか、しわ、たるみ、毛穴の改善効果もあります。

 

《顔プラセンタ》

ヒトの胎盤から精製された栄養薬(プラセンタ)をお顔の皮膚に直接注入・補給することで、体の内側から改善を目指します。

シミのほか、クマ、毛穴、シワ、ニキビなどの改善効果があります。

 

当クリニックでは、初めにしっかりとしたカウンセリングと診察を行い、患者様お一人お一人のシミの種類、お肌の状態などに合わせた最適な治療方法をご提案させていただいております。

シミでお悩みの方はぜひ一度、ご相談ください。

シミ・そばかす
Copyright © 2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.

WEB予約
ご予約
0120-312-879