トップページ

ダイエットピルは本当に効果がある?痩せられる?

「ダイエットピル」をご存知でしょうか?数年前のTVドラマの中に出て来たこともあり、若い女性の間でも徐々に認知度が上がって来て、利用者も増えて来ている「痩せ薬」のことです。いったいどのような効果があるのでしょうか?使用にあたっての注意点などと併せてご紹介いたします。

ダイエットピルとは

 

ピルというと多くの方が「経口避妊薬」をイメージすると思いますが、ダイエットピルは避妊薬とは異なり、標準体重を超えてしまった「肥満」でお悩みの方に対して医師が処方する「痩せ薬」のことです。
医療クリニックや肥満外来のある内科などで処方してもらうことができます。

 

ダイエットピルはその目的ごとにいくつかの種類に分かれていて、代表的なものでは神経に作用して食欲を抑える「食欲抑制薬」、脂肪の吸収を抑制することでカロリーの摂取量を減らす「脂肪吸収阻害薬」、血中のブドウ糖を尿と一緒に排出する「ブドウ糖再吸収阻害薬」などがあります。

 

■避妊用のピルとの違い
避妊に用いられるピルは“女性ホルモン”を主成分としており、その作用によって妊娠を防ぐことが目的です。
一方のダイエットピルは、食欲を抑えたり脂肪や糖を排出する効果のある薬です。

 

■あくまで「薬」
ダイエットサプリ等とは異なり、あくまで「薬」ですので、もちろん自己判断で服用することは避けるべきです。インターネットなどでは手軽に入手できる反面、偽物を販売する業者も増えてきたので、注意が必要です。
試してみたい方は、必ず医療クリニックや肥満外来がある内科などで診察を受け、医師に相談をしてからにしましょう。

 

 

ダイエットピルによる効果はどのくらい?

 

実際のところ、どれほどの効果があるものなのでしょうか。
ダイエットピルのタイプごとにその効果をご紹介します。

 

(1)食欲抑制系のダイエットピル
食欲抑制系のダイエットピルは、食欲を抑えられない方が服用するダイエットピルです。食欲抑制薬は“マジンドール”と呼ばれ、商品としては「コントレイブ」や「サノレックス」などがあります。
食欲中枢に直接作用して食欲を抑えるほか、脳内の神経に作用することでカロリーの消費を促す作用を持つものもあります。

 

(2)脂肪吸収阻害系のダイエットピル
脂肪吸収阻害系のダイエットピルには、「ゼニカル」「アライ」などがあります。
摂取した脂肪分は、リパーゼ(脂肪分解酵素)によって分解されて腸から吸収されるのですが、そのリパーゼの働きを阻害して、脂肪分のおよそ30%を吸収せずに体外に排出します。
この時、脂溶性の栄養素であるβカロチン、各種ビタミンが含まれた脂肪も排出されるため、これらの栄養を補う必要があります。

 

(3)脂肪燃焼系のダイエットピル
脂肪燃焼系のダイエットピルには、「スタッカー2」「ザントレックス3」などがあります。
脂肪を燃焼させる成分や、カロリーの消費を促す成分が配合されているほか、食欲抑制効果、脂肪吸収阻害効果が期待される成分が配合されているものもあります。

 

(4)ブドウ糖再吸収阻害系のダイエットピル
ブドウ糖再吸収阻害系のダイエットピルには、「カナグル」「スーグラ」などがあります。
血液中のブドウ糖は腎臓で濾過されたあと、尿細管から再吸収されますが、その再吸収を阻害し、尿と一緒に排出させる作用があります。
1日におよそ400kcalのブドウ糖を排出するため、ダイエット効果があるとされています。

 

 

ダイエットピルの服用によって起こり得ること

 

ダイエットピルは、体質を改善するものではなく、強制的に食欲を抑えたり、脂肪分の吸収を阻害したり、あるいはブドウ糖を排出したりという作用を持つ「薬」です。

 

極度の肥満の方など、医師の診断によって「そのままでは危険である」と判断をされた場合に処方されることがありますが、体質改善のための治療や運動、あるいは食事制限などをせずに「ただ飲むだけで痩せる」目的で使用する場合、ある程度のリスクがあることも知っておく必要があります。

 

例えば、食欲抑制系のダイエットピルは脳の神経に働きかけ、常に緊張している状態を作ります。そのため、不眠症や便秘、下痢などを招く可能性があります。
また、脂肪吸収阻害系のダイエットピルは、必要な栄養素も排出してしまう可能性があることや、吸収されなかった脂肪分が無意識に体外へ漏れやすくなり、下着や洋服についてしまうこともあります。

 

その他にも副作用として次のような症状があります。
・口が渇く
・便秘や下痢
・吐き気や嘔吐
・胃の不快感や胃痛
・不眠症
・頭痛
・めまい
・てんかん
・注意散漫
・気分が落ち込む

 

なお、副作用はこれだけという訳ではなく、人によってはより重篤な症状を招く危険性もあるほか、「妊娠中」「授乳中」「高血圧」「糖尿病」などをはじめ、過去の疾患や精神疾患などによっては重篤な副作用を招く恐れもあります。
使用する前には、必ず医師に相談することをお勧めいたします。

 

 

ダイエットピルを入手する際の注意点

 

ダイエットピルは、医療機関で医師の診断のもと処方してもらうのがいちばん安全で正しい入手方法です。しかし医療機関での入手は、病的な肥満症でないと処方されない可能性もあるため、現在ではインターネットで個人輸入や輸入代行業者などから入手する方が増えています。

 

ここで最も注意したい点は、サプリとは違って本来は医師の判断が必要な強力な「薬」であるため、個人輸入などで入手して使用したのち、体にもし何かしらの害が発生しても、それは自己責任になってしまうというところです。

 

また、信頼のおける購入先でなければ偽物を販売している可能性もありますので、個人輸入などで入手する際は、極めて慎重に購入するようにしましょう。もし不安であれば、服用前に医師や薬剤師などに相談をすることをお勧めします。

 

なお、先ほどもご紹介しましたが、ダイエットピルには目的によっていくつかの種類に分かれます。自分のダイエットには何が必要なのか、どういう体質なのかなどを知り「自分に合った」ダイエットピルを服用することが大切です。

 

 

安全に健康的にダイエットするなら

 

当クリニックでは、ダイエットにおいて最も大切な「健康的に」「美しく」痩せることを何よりも重視しています。
そのためにはまずご自身の「体質」を知っていただき、今後も「太りにくい」体質へと改善していくことを目的としています。

 

■医学的根拠に基づいたクリニックダイエット『選べるダイエットセット』
当クリニックでは、目的に合わせて2つのコースをご用意いたしております。
コースは4つの施術内容がセットになっています。

 

(1)糖質制限食をご自宅にお届け!
最新技術で冷凍した低糖質の美味しい食事を、ご希望の曜日にご自宅までお届けいたします。自己流の食事制限よりも、的確で高い効果が得られます。

 

(2)医療用EMS AC-Bodyによる筋力トレーニング!
深部の筋肉をしっかり鍛えることで、今後も太りにくい体質を作ります。

 

(3)脂肪溶解注射で気になる部分をサイズダウン!
レシチンを中心としたアミノ酸やビタミン剤を気になる部分に注射するだけで、脂肪を分解・溶解し、サイズダウンすることができます。

 

(4)スリムスペック(セルライト除去)
セルフケアでは除去することが難しいセルライトも、スリムスペックを使用することで確実に除去することができます。

 

■コースは2種類!
まずはクリニックダイエットを体験!
「本気でダイエットコース」100,000円(税抜)
・糖質制限食:3食×1週間
・医療用EMS:1回
・脂肪溶解注射:10本
・スリムスペック:1回

しっかり結果を出したい方へ!
「とことんダイエットコース」200,000円(税抜)
・糖質制限食:3食×2週間
・医療用EMS:4回
・脂肪溶解注射:16本
・スリムスペック:2回

 

痩せるための基本は、「カロリーの摂取量を減らすか消費量を増やすか」です。
つまり、食事量を減らすか運動量を増やすかということなのですが、頭では分かっていてもなかなか出来ないのが現実です。

 

今回ご紹介したダイエットピルの他にも、世の中では様々なダイエット方法が取り沙汰されていますが、ご自身の体質に合わなかったり、誤った情報を鵜呑みにしてしまって逆効果になってしまったり、あるいは知識不足から重篤な副作用を発症してしまったり、痩せたは良いが体が不健康になってしまったり、といった例があとを絶ちません。

 

健康的に美しく、そして今後も太りにくい体質を作って行くためにも、ぜひ当クリニックの医療ダイエットをお試しください。

ダイエット・小顔
Copyright © 2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.

WEB予約
ご予約
0120-312-879