トップページ

ハイドロキノンは肝斑の特効薬!?早く安全に効果の出せる肝斑治療とは

高い美白効果があることで知られている「ハイドロキノン」は、肝斑に対しても効果があると言われています。実際のところ、どの程度の効果が見込めるのでしょうか?また、使用するにあたっての注意点はどのようなものがあるのでしょうか?早く、安全に効果が出せる肝斑治療と併せて解説いたします。

肝斑とは

 

「肝斑(かんぱん)」はシミの一種ですが、一般的に言われているシミとはその特徴が異なります。
どのような特徴があるのかは次の通りです。

 

■肝斑ができやすい方の特徴
・ホルモンバランスが変化する30代後半から更年期にかけてできやすい
・妊娠中の方にできやすい
・経口避妊薬(ピル)を服用している方にできやすい
*閉経後、出産後、経口避妊薬の服用をやめた後などは、薄くなったり自然に消えることもある

 

■見た目の特徴
・目の周りを除いた頬骨の高い位置や、目尻の下に左右対称に現れる
・額に左右対称に現れる
・鼻の下や下顎、口の周りに左右対称に現れる
・輪郭がはっきりしないことが多い(ぼんやりしている)

 

■色の特徴
・薄い茶色~茶色のシミである
・灰色がかったシミである
・季節や体調(月経周期など)によって、濃さが変化することがある

 

このような特徴があると、それは肝斑かも知れません。しかしながら、シミには様々な種類・形・色がありますので、必ずしもそれが肝斑であるとは限りません。
また、肝斑の上に一般的なシミが重なっているケースもありますので、ご自身のシミが何であるかの自己判断はできるだけ控え、まずは皮膚科や医療クリニックなどで医師に診断をしてもらうことをお勧めいたします。

 

 

肝斑ができる原因

 

一般的なシミの最も大きな原因は、紫外線の刺激を浴びたことによるメラニン色素の増加に加え、肌のターンオーバーの乱れなどにより、メラニン色素がうまく排出されずに色素沈着してしまうこととされています。

 

これに対して肝斑ができる原因は、根本的な部分に関してはまだ解明されてはいませんが、「女性ホルモン」が大きく関与していると考えられています。
その理由として、30代後半から更年期にかけてできやすく、閉経後は薄くなる方が多いこと、妊娠中にできやすく出産後は薄くなる方が多いこと、経口避妊薬を服用している時にできやすく服用を中止すると薄くなる方が多いこと、などが挙げられます。
なお、もともと肝斑ができている方は、ホルモンバランスの変化によって濃くなることがあります。

 

■そのほかホルモンバランスに影響を与えること
日常生活におけるストレスの蓄積、生活習慣の乱れからくる睡眠不足や運動不足、食生活に起因する栄養バランスの偏りなどもホルモンバランスに大きな影響を与えますので、肝斑の要因になりうると言えます。
そのため、妊娠中でなかったり、経口避妊薬を服用していなかったりしても、条件が揃えばたとえ20代で発症しても決しておかしくはありません。

 

■皮膚への刺激も悪化の一因に
普段の洗顔やメイク、クレンジング、フェイシャルマッサージ、あるいは気になって触ってしまったり、粗いタオルなどでゴシゴシ拭いてしまうことなど、肌に摩擦を与えてしまうことも色素沈着を招き、肝斑を悪化させてしまう要因になると言われています。

 

■肝機能との関連は?
「肝」という文字から肝臓をイメージしてしまう方も多いのですが、これは肝斑の形状が“肝臓に似ている”ところからつけられたと言われていて、肝機能との直接的な関連は指摘されておりません。
しかしながら、肝機能の乱れはホルモンバランスの変化にも繋がりますので、そういった意味では遠因の一部と言えるかもしれません。

 

 

肝斑を治す方法は?

 

肝斑は一般的なシミとは主な原因が異なるというお話しをしましたが、原因が異なるということは、治療方法も異なるということになります。
確かに、出産後や閉経後などは薄くなる、あるいは自然に消える方も中にはいますが、それは必ずしもという訳ではありませんし、見た目の印象などもあり「できれば早く消したい」と思う方がほとんどではないでしょうか。
肝斑があることで老けて見えてしまったり、他人に見られることが怖くなり外出を控えるようになってしまったという話も耳にしますので、症状の程度に関わらず、女性にとっての肝斑は大きな問題と言えます。
そんな肝斑ですが、ではどのような治療方法があるのでしょうか。

 

■肝斑を治す方法
医療機関で「肝斑である」と診断を受けた場合、内服薬や外用薬が用いられることが一般的です。内服薬としては主に「トラネキサム酸」や「Lーシステイン」などが含まれているものが、外用薬では「ハイドロキノン」「ルミキシル」「トレチノイン」などが含まれているものがあります。

 

【トラネキサム酸】
トラネキサム酸にはプラスミンの働きを抑制する作用があり、肝斑の治療に用いられています。プラスミンとは、メラニンの生成を活性化させるための情報伝達物質です。

 

【Lーシステイン】
Lーシステインはアミノ酸の一種で、体の内側から代謝を助ける成分です。肌のターンオーバーを促し、メラニンの排出をサポートします。

 

【ハイドロキノン】
ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われるほど強力な美白作用があり、その効果は「アルブチン」や「コウジ酸」などと比べおよそ100倍と言われています。

 

【ルミキシル】
ハイドロキノンは強力な美白作用がある分、敏感肌の方には刺激や毒性が指摘されてきました。それらを排除し、肌が弱い方にも使えるように開発されたのがルミキシルです。低濃度でも高い美白効果が得られると言われています。

 

【トレチノイン】
トレチノインはビタミンA誘導体で、肌のターンオーバーを活性化させて表皮のメラニンを排出する作用があります。皮膚への刺激が強いため、使用には注意が必要です。

 

■レーザー治療は不向きって本当?
一般的なシミの治療にはレーザー治療が用いられることも多いのですが、肝斑に関しては、レーザー治療を施してしまうと逆にメラノサイトを活性化させ、色素沈着を招き、余計に濃くなってしまう可能性があるため、基本的には不向きであるとされています。

 

■セルフケアはできる?
ハイドロキノンなどの美白成分が配合されている市販の化粧品やクリームなどがありますが、症状の悪化を防ぐためにもまずはご自身のシミの種類が何であるか、また、ご自身の肌質に合うかどうかという点を見極めた上で正しい使用方法を心がけましょう。
そのためには、皮膚科や医療クリニックなどでの診察をお勧めいたします。

 

 

ハイドロキノンとは?

 

「肌の漂白剤」と言われるほど強力な美白作用を持つハイドロキノンですが、具体的にどのような成分なのか詳しく見て行きましょう。

 

■ハイドロキノンとは?
ハイドロキノンは、イチゴや麦芽、コーヒーなどにも含まれている天然成分で、酸化を抑える還元作用があります。そのため、昔から写真の現像やゴムの酸化防止剤としても使われてきた成分です。
先ほども少し触れましたが、その美白作用は非常に強力で、ビタミンC、コウジ酸、アルブチンなどのおよそ10倍から100倍もの効果があると言われています。
アメリカでは古くから美容成分として用いられてきましたが、日本ではその管理の難しさから、使用には医師の処方が必要でした。ところが2001年に薬事法(現・薬機法)が緩和されたことにより、化粧品への使用が可能となり、化粧水やクリームなどに配合され市販されるようになりました。
とはいえ、医師の処方が必要だったほど強力な作用を持っていますので、肌が弱い方が使用したり、用量用法を誤ることで皮膚に深刻な副作用をもたらす可能性もあります(副作用については後述します)。

 

 

ハイドロキノンの効果とは?

 

それでは、気になるハイドロキノンの効果について詳しく見て行きましょう。

 

■メラノサイトに直接働きかける
一般的なシミの元となる「メラニン色素」を作り出しているのが、色素細胞である「メラノサイト」です。ハイドロキノンには、このメラノサイトに直接作用し、その活動を抑制することでメラニン色素の生成を阻害する効果があります。

 

■チロシナーゼの働きを阻害する
肌が紫外線やストレスなどの刺激を受けると、「活性酸素」が発生します。その活性酸素から肌を守るためにメラノサイトへと情報伝達物質が送られ、「チロシナーゼ」という酵素が活性化します。
チロシナーゼは、作られたばかりのメラニン(チロシン)と結合することで黒色のメラニン色素へと変化するのですが、ハイドロキノンにはこのチロシナーゼの働きを阻害する働きがあり、メラニン色素の生成を防ぐことができます。

 

ハイドロキノンのこれらの作用によって、すでにできてしまっているシミや肝斑のみならず、新たにシミができるのを予防する効果があるとされています。
また、シミの治療においては、肌のターンオーバーを促進する外用薬「トレチノイン」と併せて処方されるケースも多いようです。

 

■ハイドロキノンの効果が期待できるシミ
・肝斑
・老人性色素斑(紫外線や加齢が原因で発生するいわゆる一般的なシミ)
・雀卵斑(そばかす)
・炎症後色素沈着(虫刺され・ニキビ・火傷などが治癒した後に残る色素沈着)

 

このように、ハイドロキノンには高い美白効果がありますが、即効性という点においては個人差があり、症状の程度や肌質、体質、あるいは使用する濃度などによっては、効果が出るまでに時間がかかることがあります。

 

 

ハイドロキノンを使用するにあたって注意すること

 

ハイドロキノンを使用するにあたっての注意点を、副作用も含めてご紹介します。

 

■パッチテストを行いましょう
強力な成分ですので、まずはパッチテストを行い、アレルギー症状が出ないことを確認しましょう。

 

■普段以上に保湿を意識しましょう
ハイドロキノン使用中は、肌が乾燥しやすいと言われています。肌に塗った後は化粧水を多めに使用してから乳液でフタをするなど、普段以上に保湿を心がけましょう。

 

■普段以上に紫外線対策を入念にしましょう
ハイドロキノン使用中に紫外線を浴びてしまうと、シミが濃くなってしまいます。夜間に使用することが推奨されていますが、もし朝や日中に使用する場合は、いつも以上に紫外線対策を入念に行うようにしましょう。

 

■肌への刺激は最小限に控えましょう
ハイドロキノン使用中に摩擦など肌への刺激を与えてしまうと、シミが濃くなってしまう可能性があります。洗顔やメイク、クレンジング、フェイシャルマッサージなどを行う際には、優しく触れるようにして肌への刺激を最小限にするように心がけましょう。

 

■ハイドロキノンの副作用について
肌が弱い方が使用してしまった場合、用量用法を誤って使用してしまった場合、あるいは高濃度の製品を使用してしまった場合などには、次の副作用のリスクがあります。

 

・赤みや炎症を招く
肌が弱い方が使用した場合、赤みや炎症を招いてしまう恐れがあります。
また、ハイドロキノン自体が非常に安定性が悪い成分のため酸化しやすく、誤って劣化した商品を使用してしまうことでも赤みや炎症を招いてしまう恐れがあります。
事前にパッチテストを行うことを忘れないようにしましょう。

 

・白斑を招く
高濃度のハイドロキノンが配合された商品を長期間使用することで、塗り込んでいた部分の皮膚の色素が白く抜け落ちてしまう「白斑」を招く恐れがあります。
特に、5%以上のハイドロキノンが配合されている商品は長期的な使用を避け、またシミや肝斑などが薄くなった時点で使用を中止するようにしましょう。

 

 

ただしハイドロキノンで消えない肝斑もある!?

 
ハイドロキノンは非常に優秀な美白成分ではありますが、全てのシミや肝斑に効果があるという訳ではありません。
例えば、表在性(皮膚の表面や表面付近)のシミなどには美白効果が期待できますが、表在性ではない肝斑に対しては、薄くできる可能性はありますが、完全に消すところまでは期待ができません。
また、太田母斑など「あざ」に分類される肝斑に似た色素沈着も、表皮ではなく真皮層にあるため、ハイドロキノンによる美白効果が期待できません。

 

 

「早く」「安全に」結果を出すなら、肝斑に特化した「スペクトラ」をおすすめします

 

銀座ファインケアクリニックでは「スペクトラ」を導入し、肝斑に特化した治療を行っています。上記でご紹介したリスクや副作用の心配もなく、肌が弱い方でも安全に、確実に肝斑を除去することができます。
シミや肝斑は、紫外線が弱まっているこの時期に治療を開始するのが良いと言われています。

 

■スペクトラとは?
「スペクトラ」は、ルートロニック社が開発した最先端のQスイッチYAGレーザーで、世界中で販売されている肝斑治療レーザー機器です。
最新技術によって、短い照射時間とトップハットビームという技術によるキレの良い痛みのないレーザーエネルギーの照射が可能になり、2週間ごとに繰り返し施術を受けていただくことで、これまでは「治療が困難である」と言われてきた肝斑を綺麗に除去できるようになりました。

 

■肝斑だけではありません
スペクトラは肝斑以外に、シミ、タトゥー、刺青の除去にも効果がある治療方法です。
また継続して照射を行うことで、色ムラでくすんで見える肌を美白肌へと変化させ、ニキビの出来ない肌、キメ細かいツヤ・ハリのある肌へと生まれ変わることができます。

 

■スペクトラの特徴
・メラニンに対して最も効果的な吸収性を持つ532nmと、効率良く深部まで届く1064nm波長のレーザーに加え、ロングパルス搭載の「トリプルモードレーザー」が肝斑の除去に大きな効果を発揮します。
・表在性のシミに関してはたった一度の照射で改善され、透き通る肌を実感していただけます(肝斑は表在性のシミではありません)。
・肌のターンオーバーを活性化させることで、ニキビ肌の改善や毛穴の引き締め効果が得られます。
・施術にかかる時間はわずか15分程度、痛みも少なく、麻酔や施術後の冷却の必要もありません。
・ダウンタイムがなく、照射後にガーゼや絆創膏は必要ありません。当日はメイクをしてご帰宅いただけます。
・照射を継続することによって、小ジワ改善や美白効果、キメ・ハリの整った透明感のある肌を手に入れることができます。

 

■初回トライアルやお得なコースをご用意!(表示価格は税抜です)
まずはスペクトラの効果を体験してみたいという方のために、初回トライアル価格をご用意いたしております。
通常1回15,000円のところ→初回トライアル価格10,500円!

 

また、継続して施術を受けたい方のために、お得なコースをご用意いたしております。
通常10回150,000円のところ→コース価格10回120,000円!!

 

*スペクトラによる肝斑治療についてさらに詳しい情報はこちらをご覧ください。
肝斑治療

 

当クリニックでは初めに医師によるカウンセリングを行い、患者様お一人お一人に合った最適な治療方法をご提案させていただいております。
肌が弱い方はもちろん、従来のシミや肝斑治療では満足のいく結果が得られなかった方にも安心してお受けいただけます。
誤ったセルフケアで症状が悪化してしまう前に、そして早く安全に除去するためにも、ぜひ当クリニックの最先端レーザー治療「スペクトラ」をお試しください。

シミ・そばかす
Copyright © 2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.

WEB予約
ご予約
0120-312-879