トップページ

お腹の脱毛をするなら若いうちに始めるといい理由。今日はこれからの人生で一番若い日!

お腹のむだ毛、皆様はどうされていますか?カミソリなどによる自己処理や脱毛サロンなど、様々な処理方法がありますが、それらに潜んでいるリスクをご存知ですか?今回は、お腹のむだ毛の脱毛に最適な方法と、若いうちに始めると良い理由について解説いたします。

薄着でも水着でも下着でも恥ずかしくない!お腹まわりのむだ毛について

 

これから夏を迎えるにあたって、水着になる機会や涼しげな薄着などでお腹周りを露出する機会が増える方も多いのではないでしょうか。

 

お腹周りのむだ毛は、脇やVIOほど太くはありませんが、露出したとたんに人目が気になってしまう部位です。肌が柔らかいため自己処理がしづらい部位でもありますし、カミソリなどで処理をするにはリスクが伴います。

 

医療脱毛ではそういったリスクもなく安全に、また確実にお腹周りのむだ毛を処理することが出来ます。所要時間も20分程度、痛みもほとんど感じることなく、綺麗なお腹周りを手に入れることで、多くのメリットが得られます。

 

(1)露出の多いファッションが楽しめる
水着も堂々と着ることが出来ますし、いわゆるへそ出しなどの露出の多いファッションも思いっきり楽しむことが出来ます。
ちなみに、露出が多いファッションをしていることで「見られる」意識が高まり、シェイプアップ効果が期待できるとも言われていますので、もしその効果が得られれば一石二鳥という訳です。

 

(2)いざという時にも安心できる
急に友達や彼と温泉に行くことになった、急に彼が泊まりに来ることになった、あるいは体調不良で病院で診察を受けることになったなど、突然やってくる「いざ」という時にも、恥ずかしい思いをせずに済みます。

 

(3)自己処理によるリスクがなくなる
むだ毛を自己処理する場合、多くの方がカミソリを使用することと思います。ところがカミソリは肌への刺激が強いため、繰り返し行うことで色素沈着を起こしてしまったり、皮膚の表面を傷つけて炎症を招いてしまうリスクがあります。
医療脱毛によって安全にむだ毛を処理しておくことで、こういったリスクを回避出来ます。

 

 

お腹の毛はカミソリで処理すると意外に目立つ

 

冬場などはお腹周りを露出する機会が少ないため、どうしても自己処理で済ませてしまう方が多いようです。
特にカミソリでの自己処理は、コストも低く、また自宅で人に見られず好きな時に気軽に行えるため、ほとんどの方が経験しているのではないでしょうか。

 

しかし実はカミソリの刃でむだ毛を剃るということは、皮膚の表面を削りながらむだ毛を剃っている、ということを覚えておきましょう。

 

緊急時に一度だけなどであればまだしも、カミソリでの自己処理を繰り返してしまうことで皮膚が傷ついて炎症を起こしたり、ブツブツができてしまったりします。場合によっては、その炎症などから色素沈着を起こしてしまう方も、実は少なくありません。
そうなってからでは治癒するまでに時間がかかり、とても夏には間に合いません。

 

また、剃った毛の断面がそのまま伸びてくることで余計に黒く太く見え、毛が目立つようになってしまったりします。

 

自己処理によるこうしたリスクを回避するためにも、医師の診断のもと、医療脱毛を行うことをお勧めいたします。

 

 

産毛のようなお腹周りの毛はクリニックで

 

脱毛といえば「脱毛サロン」を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実は脱毛サロンと医療クリニックでは、使用している脱毛機器に大きな差があり、それがそのまま脱毛の効果として現れてしまいます。

 

脱毛サロンは医療機関として認定されていないため、使用できる脱毛機器も非医療機関で扱えるレベルのものになります。
そのため「メラニン色素に反応する光を当てることで毛根にダメージを与える」だけの施術となり、「産毛のような薄い毛」には反応しないか、反応しても処理が完了するまでには非常に多くの時間(照射回数=通う期間)が必要になるのです。

 

一方の医療クリニックで使用している脱毛機器は、医療機関でしか扱えない高性能かつ安全な機器ですので、通常のむだ毛はもちろん、産毛のような薄い毛に対しても効果が得られます。

 

毛量や毛質などによって多少の個人差はありますが、脱毛サロンと医療クリニックでは、脱毛完了までの照射回数にこのような差が出ます。

 

■脱毛サロン:15回~18回
■医療クリニック:4回~7回

 

通う回数が多くなるということは、その分費用も高額になり、結果として医療クリニックの方が安かった、というケースも後を絶ちません。
また、通う期間が長くなることで、間に合わせたい時期までに間に合わない可能性も出て来ます。

 

一見すると安いイメージの脱毛サロンですが、実はこのような現実があるということも知っておきましょう。

 

 

若いうちに始めるといい理由

 

「お腹の脱毛をするなら若いうちに始めるといい理由」について解説いたします。

 

■むだ毛はホルモンバランスに影響される
むだ毛には、ホルモンバランスが変化した時に濃くなりやすい、という特徴があります。
ホルモンバランスの変化というと、誰もが通る思春期が挙げられますが、それ以降でも日々のストレス、生活習慣の乱れからくる睡眠不足、食生活の乱れなど様々な要因によって、私たちのホルモンバランスが乱れます。
また、女性には月経(生理)があり、そして妊娠・出産という人生の一大イベントを迎える方もいらっしゃいます。特に妊娠によってホルモンバランスは大きく変化しますので、やはりその時期もむだ毛が濃くなりやすいと言えます。
ストレスなどが蓄積してむだ毛が濃くなってしまう前に、また妊婦健診の時にお腹のむだ毛があって恥ずかしい思いをしなくて済むように、お腹の脱毛は若いうちに始めましょう。

 

■妊娠中はお腹のむだ毛の脱毛が出来ない?
脱毛施術が「胎児や母体に悪影響がある」という意味ではありませんが、万が一のことを考えて、やはり控えるようにした方が良いでしょう。
また、妊娠によるホルモンバランスの変化で肌が弱っている場合は、脱毛のダメージが大きくなってしまったり、痛みを強く感じてしまう可能性もあります。
そのため、妊娠の予定がある方はその前にお腹の脱毛をしておくことをお勧めします。

 

■今日はこれからの人生で一番若い日・長寿大国ニッポン
ここまで「若いうちに」とお伝えしてきましたが、「今日はこれからの人生で一番若い日」です。日本は長寿大国世界一となり、女性の平均寿命はゆうに85歳を超えました。今まだ人生の折り返し地点に来ていない、やっと折り返しに入った、という方も多いのではないでしょうか。
実は今、この先いつかご自身に介護が必要になったときのためにと、40代や50代でVIOラインやお腹まわりなど、あるいは全身脱毛をする女性が増えています。
介護を受けるというとまだ実感のない方も多いことと思いますが、年齢を重ねるのは誰もが平等のことですから、一度考えてみるのもいいかもしれません。

 

 

銀座ファインケアクリニックでは全身脱毛がおすすめです

 

お腹はいくつかの部位に分かれていますので、お腹だけを「部分脱毛」しようとすると、思っていた以上に高額になってしまう可能性があります。
銀座ファインケアクリニックでは、部分脱毛よりもリーズナブルに行える「医療レーザー全身脱毛」をご提供いたしております。
お腹周りはもちろん、VIOを含む首から下のすべての部位に対応しています。

 

《銀座ファインケアクリニックの医療レーザー全身脱毛》
医療レーザー脱毛4回が、
・土日も通えるプランでなら248,000円!
・平日限定ならさらにお得な198,000円!

 

*表示価格は税抜きです。
*再診料・手数料・お薬代は無料です。
*一括払いのほか12回払い、24回払いも承ります。
*2名様以上で同時に全身脱毛をご契約いただくと、ペア割でそれぞれ20,000円OFF!

 

当クリニックでは従来のレーザー脱毛器のほか、最新のレーザー脱毛器「Eliteプラス」も導入しております。照射スピードがこれまでの2倍になり、全身脱毛を2時間程度で行えるようになりました。

 

また、患者様の肌質や毛質に合わせて最適なレーザー脱毛器をセレクトすることが可能となり、より高い安全性を確保することが出来ます。

 

自己処理によるリスクを回避して、安全・確実にツルすべ肌を手に入れたい方はぜひ、当クリニックの医療レーザー全身脱毛をお試しください!

脱毛
Copyright © 2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.

WEB予約
ご予約
0120-312-879