トップページ

「シミを消す化粧品」を選ぶ際のポイントや注意点について

「美白効果」あるいは「シミ消しに効果がある」と言われている化粧品は、数多く出回っています。ご自身で選ぶ際のポイントや、知っておいた方が良いリスクなどについて解説いたします。

シミ消し化粧品を選ぶ際の注意点について

 

口コミや売れているブランドを頼りに探していませんか?

確かに有名ブランドで多くの人が使っていて、なおかつ口コミも良いものが多ければ、安心感や信頼感があるかも知れません。

ですがそれよりも大切なことは、「ご自身のシミの種類に適しているか」「その化粧品の成分がご自身の肌に合っているか」というところです。

 

記憶に新しいところでは、2013年に問題となった、美白化粧品によって皮膚の一部の色が白く抜け落ちてしまった「白斑」の被害があります。

このようなことからも、口コミやブランドのみで選んでしまうことはリスクも含んでいるということを知っておきましょう。

 

■主なシミの種類

・老人性色素斑:最も多いタイプのシミで、その原因のほとんどは紫外線の影響によるもの

・炎症性色素沈着:傷、ニキビ、虫刺されの跡などが、治癒した後にそのままシミとして残ってしまう

・肝斑:女性ホルモンが大きく関与していると言われているシミで、額、頬骨、鼻の下、下顎などに左右対称にぼんやりと現れる

・雀卵斑(そばかす):遺伝的要素が大きく、紫外線などの刺激を受けることで増えたり濃くなったりする

・脂漏性角化症:シミが徐々に隆起し、分厚くなってイボのように見えるシミ

・花弁状色素斑:肩、背中、胸元などにできるシミで、その原因の多くは紫外線の影響によるもの

 

上記の他にも、様々な種類のシミがあります。複数の種類のシミが同時に現れていたり、見た目は似ていても異なるシミであったりするケースがあります。

ご自身での判断に少しでも不安がある場合は、一度医療クリニックで医師に診断をしてもらうことをお勧めします。

 

■厚生労働省が認可した「薬用美白成分」について

・アルブチン:メラニンを生成する物質の一つ「チロシナーゼ」の活動を阻害し、シミを防ぐ

・エラグ酸:強い抗酸化作用を持ち、「チロシナーゼ」の活動を抑制する

・コウジ酸:麹菌から生成される成分で、「チロシナーゼ」の活動を抑制する

・リノール酸:紅花油から抽出される成分で、「チロシナーゼ」の活動を抑制する

・トラネキサム酸:「メラノサイト」を活性化させる「プラスミン」の働きを阻害する。シミのほか肝斑にも効果がある

・ビタミンC誘導体:そのままでは皮膚に浸透しにくいビタミンCを安定化させることで、美白やターンオーバーを促進する

・プラセンタエキス:「チロシナーゼ」の働きを阻害したり、ターンオーバーを促進する

・ルシノール:「チロシン」と「チロシナーゼ」の結合を阻害し、メラニンの生成を防ぐ

・カモミラET:カモミールからの抽出成分で、メラニンの生成を促進する情報伝達物質「エンドセリン」の活動を抑制する

・4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩):メラニンの生成を抑制し、またターンオーバーを促進する

・マグノリグナン:「チロシナーゼ」のたんぱく質に働きかけシミを抑える

・ハイドロキノン:「チロシナーゼ」の活性および「メラノサイト」の活動を阻害し、メラニンの生成を抑制する

・ニコチン酸アミド:メラニンが表皮細胞に移りゆく過程を阻害する水溶性のビタミンB3

・t-シクロアミノ酸誘導体:メラニン生成時に働く情報伝達物質「プロスタグランジン」を抑制し、メラニンの生成を防ぐ

 

これらの成分は、厚生労働省の厳しい審査を通過した成分で、美白効果が期待できるとされています。

しかしながら、ご自身の肌には合わない成分であったり、使い方を誤ることで肌に大きなトラブルを招く可能性も含んでいます。

ご自身の肌質や使おうとしている化粧品が合うかどうかなど、まずは一度医療クリニックで医師に診断をしてもらうことをお勧めします。

 

 

銀座ファインケアクリニックで行っているシミ取り治療

 

銀座ファインケアクリニックでは、様々なシミや肝斑に対応が可能な最先端の医療機器を取り揃え、シミや肝斑に特化した治療を行っています。

正しい知識と豊富な経験を持った医師や看護師が、患者様お一人お一人の肌質やご希望をしっかりと汲み取ったうえで、最も適している治療方法をご提案いたします。

 

■スペクトラ

「スペクトラ」はルートロニック社の最新QスイッチYAGレーザーで、シミ・そばかすはもちろん、これまで治療が困難であるとされてきた肝斑治療も可能なものとなりました。

表在性のシミは一度の照射でも効果を実感していただくことができ、また肌のターンオーバーの活性化により美白効果や美肌効果も得ることができます。

 

■フォトフェイシャル

コラーゲンの再生能力を高め、またメラニン色素にもしっかりと反応するため、複数の肌トラブルを同時に改善することができるのがこの「フォトフェイシャル」です。

3週間に1回の施術のため、忙しい方も問題なく通うことができます。

 

このように銀座ファインケアクリニックでは、シミ・肝斑に特化した様々な治療を行っています。

すでに他院で何らかの治療を受けられている、あるいは過去に受けられた方でも、施術が可能です。

セルフケアによるリスクを抱えるよりも、まずは一度、ご相談ください。

シミ・そばかす
Copyright © 2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.