トップページ

「顔のシミを消す方法」にはどのようなものが?美白化粧品や食材でのセルフケアや、医療機関で行われている治療などをご紹介します

お風呂上がりや化粧の前に鏡を見た時など、ふとした瞬間に気になるシミ。シミがあるのと無いのとでは、顔の印象も大きく変わって来ますし、またシミがあることで気分が落ち込んでしまったり、自分に自信を持てなくなってしまったりすることもあります。今回は、そのシミを消すためにはどのような方法が最適なのか、ご紹介します。

シミの種類

 

一言で「シミを消す」と言っても、そのシミにはいくつもの種類があります。

まずはどんなシミがあるのか、自分自身のシミはどれに当てはまるのかを知っておくために、ここではその中でも特に多く見られるシミについてご紹介いたします。

 

■老人性色素斑

いわゆる一般的に「シミ」と認識されているものの多くが、この老人性色素斑と呼ばれるものです。

加齢、紫外線の浴びすぎ、ストレスなどが原因で、肌のターンオーバーが正常に行われず、メラニン色素が沈着してしまったものです。薄い茶色で、楕円形であったり円形であったりします。

 

■肝斑

30代から40代の女性に多く見られるシミで、額、頬骨周辺、鼻の下、下顎などに、ほぼ左右対称となって現れます。

紫外線が原因で発症したり悪化することもありますが、肝斑ができるいちばんの原因としては、女性ホルモンが大きく影響しているものと考えられています。

 

■炎症性色素沈着

傷あと、ニキビあと、虫刺されあとなどが、治まった後に色素沈着によってできるのが、この炎症性色素沈着です。

淡褐色から褐色をしていることが多く、時間の経過とともに薄くなる・消えることもありますが、紫外線を浴びることで逆に濃くなったり、そのまま残ってしまうこともあります。

 

■雀卵斑(そばかす)

目の下や鼻などを中心に、直径数mm以下の小さなシミが広範囲に渡って現れます。

紫外線によるものもありますが、その多くは遺伝的な要素が強く関係しており、その場合は10代から目立ち始めます。

肝斑と同様に、紫外線の影響で濃くなったり広がったりします。

 

■その他のシミ

上記のほかにも、このようなシミがあります。

・脂漏性角化症:シミが徐々に厚くなり、イボ状に盛り上がったもの

・花弁状色素斑:背中、肩、胸元などにできる紫外線が原因のシミ

・遅発性両側性太田母斑:生まれつき額、目の周り、頬などにある茶褐色から青色のシミ(あざ)

 

 

シミを消すための対策方法

 

前の項目では、肝斑は女性ホルモンの関与が大きいと考えられているということ、またそばかすは遺伝的な要素が強いということをお伝えしましたが、それらを除いてシミの原因の中でも最も大きなものは、皆様がご存知の通り「紫外線」です。

 

紫外線を浴びることにより、色素細胞のメラノサイトが刺激を受けてメラニン色素を生成します。

そのメラニン色素によって肌を黒くすることで紫外線から肌を守っているのですが、強烈な紫外線を浴びたり、また長期間に渡って紫外線を浴び続けたりすることで、メラニン色素が過剰に生成される状態になってしまう、あるいは女性ホルモンのバランスが乱れたり、そのほかにもストレス、生活習慣や食生活の乱れなどにも影響を受けて、肌のターンオーバーが正常に行われなくなると、メラニン色素が排出されずに滞留・沈着してしまう、といったことで「シミ」となって現れます。

 

紫外線が直接的な原因ではないと考えられている肝斑やそばかすにおいても、紫外線を浴びたことがきっかけとなって現れたり、あるいは悪化してしまったりすることがありますので、全ての基本はまず「紫外線対策」ということが言えます。

 

ここでは、そのほかの対策方法として3つほどご紹介します。

 

1)美白化粧品

「美白化粧品」は、ドラッグストアやインターネットなどで簡単に手に入るようになりました。

予防が目的であれば、「トラネキサム酸」「アルブチン」といった成分が含まれているもの、薄くするのであれば「ハイドロキノン」や「プラセンタエキス」が含まれているもの、予防と改善が目的であれば「ビタミンC誘導体」が含まれているものなど、美白成分には様々な種類があります。

目的と自分自身の肌に合うかどうかといった点も踏まえながら、慎重に選ぶ必要があります。

 

2)食材やサプリメント

美白効果や抗酸化作用が期待できる栄養素を知り、毎日の食事にバランスよく取り入れましょう。

特にシミ対策として効果が期待できると言われている栄養素は、「ビタミンC」「ビタミンB2」「L-システイン」「リコピン」「アスタキサンチン」「エラグ酸」などです。サプリメントなども上手に活用すると効果的です。

 

3)医療機関での治療

美白化粧品や食材、サプリメントによるシミ消し対策は、自分自身でできるという手軽さがありますが、「安全性」「確実性」という点においては残念ながら何の保証もありません。

特に、肌に合わない美白化粧品などを使用してしまった場合には、シミの悪化や肌のトラブルの元になってしまう可能性も秘めている、ということを念頭に置いておく必要があります。

その点、医療行為としてシミの治療を専門に行っている医療機関での治療は、安全性・確実性があり、非常に高い効果をもたらしてくれます。

 

 

銀座ファインケアクリニックでは、シミ・肝斑に特化した最先端の治療を行っています

 

銀座ファインケアクリニックで行っているシミ・肝斑に特化した治療は、最先端技術を取り入れたことによって、より安全性・確実性に優れた治療であると言えます。

 

なかなか消えなかったシミ、治療が困難と言われていた「肝斑」をも綺麗に取り除くことを可能にした医療レーザー治療機「スペクトラ」、複数の肌トラブルを同時に改善し顔全体の若返りを可能にした「フォトフェイシャル」など、あらゆるタイプのシミ・肝斑に対して、患者様の肌の状態やご希望に沿ったうえで最適な治療を行うことができます。

 

セルフケアをしても思うように改善されない、他院で治療を受けたが満足のいく結果が得られなかった、という方も治療を受けていただくことができます。

悩むよりはまずはぜひ一度、ご相談ください。

シミ・そばかす
Copyright © 2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.