トップページ

肝斑にはレーザー治療が良い?肝斑を熟知した医師だからこそ提案できる最先端治療があります!

これまで、肝斑に対して高出力のレーザー治療を行うと刺激によって逆に濃くしてしまう可能性があるため、有効ではないと言われていました。 そこで、銀座ファインケアクリニックで行なっている最先端のレーザー治療とはどのようなものなのか、ご紹介します。

肝斑とは?

「肝斑(かんぱん)」とはシミの一種で、一般的に30歳を過ぎた頃の女性に多く見られ、薄い茶色の少しモヤっとしたシミが、額や頬などに左右対称に現れるのが特徴です。

左右対称ということで目立つことも、多くの女性を悩ませる一因になっています。

 

なお、肝斑の「肝」は色などが肝臓に似ているというところから来ていますが、肝機能(肝障害)との関連はないと言われています。

 

 

肝斑が出来る原因について

 

はっきりとした原因はまだ解明されていない部分がありますが、月経周期や体調によって色が濃くなったり、妊娠中や不規則な生活(特に睡眠不足)、あるいは心理的なストレスなどによっても現れたりすることがあるため、女性ホルモンとの関連性が大きいのではないかと言われています。

また、女性ホルモンの他にも「擦りすぎ(いじりすぎ)」「刺激を与えすぎ」といったことも原因になると考えられています。

 

 

肝斑の治療方法

 

冒頭でもお伝えしましたが、これまでは高出力のシミ取りレーザー治療は、肝斑の治療には向かないと言われていました。これは、レーザーによる刺激によって、肝斑が濃くなったり広がったりしてしまう可能性があったためです。

 

では、これまではどういう治療がメインだったのかというと、その多くが「トラネキサム酸」の成分が含まれている薬を内服するというものでした。

しかしながら、効果が出るまでに時間がかかること、薄くはなっても完全に消えることはなかなか無いことなどから、途中で治療を断念してしまう人も多かったようです。

 

また、ビタミンAの誘導体である「トレチノイン」を顔に塗ることで肌のターンオーバーを促したり、メラニン色素が新しく生成されるのを阻害する「ハイドロキノン」を顔に塗ることで美白を目指したり、という治療方法も取り入れられて来ましたが、ダウンタイムにおいて著しい皮剥け、赤みなどが見られるケースがある、といった難点がありました。

 

*ダウンタイムとは?

施術をしたあと、肌が正常に戻るまでの時間のことを「ダウンタイム」と言います。ダウンタイムには「皮剥け」「痛み」「赤み」「腫れ」「内出血」などがあります。

 

 

 

そこで、「スペクトラ」の登場です!

 

銀座ファインケアクリニックでは、ルートロニック社のQスイッチYAGレーザー「スペクトラ」という最先端の機器を導入し、これまで「治療が難しい」とされていた肝斑治療に対して、非常に大きな効果を発揮しています。

これは、従来の肝斑治療では充分な効果が得られなかった、逆に濃くなってしまった、という人には、ぜひ知っていただきたい治療方法です。

 

 

 

「スペクトラ」のここがすごい!

 

まず何と言っても最大の特徴は、真皮(皮膚の深部)に届く1064波長のレーザーと、表皮のメラニン色素に対して効果を発揮する532波長の2種類のレーザーを使い分け、さらにロングパルス搭載のトリプルモードレーザーによって、シミはもちろん、肝斑に対して非常に大きな効果を挙げることが可能になったのです。

 

また、麻酔も施術後の冷却も不要なため、これまで治療をためらってしまう一因にもなっていた“照射後にガーゼや絆創膏などを患部に貼る”といった必要もなくなり、施術後はそのままメイクをして帰宅が出来るようになったことも、女性にとっては嬉しいポイントです。

 

つまり、これまでの肝斑治療において見られたダウンタイムの皮剥けや赤みといった悩みが、「スペクトラ」によって解消されたということです。

 

さらに、治療時間はわずか15分程度で痛みも大幅に抑えられるうえ、表在性のシミであれば一度の照射でも効果が現れ、綺麗な肌を実感できるところまで来ているのです(肝斑は表在性ではありませんのでご注意ください)。

 

これだけでも充分に嬉しい、画期的な治療方法と言えますが、実はメリットはまだあります。

スペクトラによる治療を継続的に行うことで、「毛穴の引き締め」「小じわの改善」「美白効果」「くすみの改善」「ハリやキメが整った美肌効果」なども手に入れられるのです。

この「スペクトラ」の登場によって、肝斑が綺麗に除去出来るようになり、さらに肌にもたくさんのメリットをもたらしてくれるようになりました。

 

 

 

医師が責任を持って診断・治療を行います

 

一般に「シミ」と認識されているものと、今回ご紹介した「肝斑」は異なりますので、まずは肝斑であるかどうかという診断がポイントになってきます。

銀座ファインケアクリニックでは、専門の知識を持った医師が、まずは「シミか肝斑か」という診断をしっかりと行い、肌の状態や肝斑の状態などを踏まえた上で、一人一人に合った適切な治療方法を提案しています。

万が一何らかのトラブルが起きたとしても、医療措置を行う資格を持っている医師や看護師がその場で迅速に適切な対応をすることが可能であるため、安心です。

「スペクトラ」は、特に紫外線が弱まるこの時期に、ぜひおすすめしたい治療方法です。

シミ・そばかす
Copyright © 2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.