トップページ

肝斑に効果的な飲み薬とは?副作用や服用にあたっての注意点なども含めて解説します

「治療が困難」であると言われている肝斑ですが、一度できてしまうと目立つため、何とかして薄くしたい、あるいは消したいと思うのは自然なことです。 それでは、肝斑に効果的な飲み薬には、どのようなものがあるのでしょうか。服用にあたっての注意点なども踏まえて解説いたします。

肝斑について

 

肝斑は特に30代から40代の女性に多く見られるシミの一種で、頬骨周辺、額、鼻の下、下顎などに、ほぼ左右対称となって現れるのが特徴です。

目の周囲には出来ないため、ひどいケースでは目元が白く浮き上がり、まるでゴーグルをかけているかのように見えてしまうこともあります。

 

肝斑ができる原因についてはまだ未解明な部分もありますが、女性ホルモンの影響によるもの、ストレスによるもの、摩擦や過剰なスキンケアといった肌への外的な刺激によるものなどが考えられています。

また、紫外線が肝斑の誘因となるケースや症状を悪化させることもありますので、十分な紫外線ケアも必要です。

特に日本人は肝斑ができやすいことが分かっていますが、治療が困難なシミの一種であるため、この肝斑に悩む女性は非常に多いと言われています。

 

 

肝斑に効果的な“トラネキサム酸”とは?

 

肝斑に効果的な飲み薬として、「トラネキサム酸」という成分が含まれた飲み薬があります。

トラネキサム酸とは、人工的に合成されたアミノ酸の一種で、医療現場では主に「止血剤」「抗炎症剤」として長年使用されている成分です。

 

近年、肝斑に対しても効果があると認められ、商品としては「トランサミン」や「トランシーノⅡ」などいくつかの種類があります。

トラネキサム酸は、厚生労働省も「美白効果がある」と承認している成分ですので、個人差はありますが確かに効果があると言えます。

 

 

なぜトラネキサム酸が肝斑に効果的なのか?

 

「止血剤」や「抗炎症剤」として使用されているトラネキサム酸が、なぜ肝斑に効果的だと言われているのでしょうか。

 

肝斑やシミができる過程を見てみましょう。

女性ホルモンの乱れ(肝斑の主な原因)や、紫外線・摩擦といった外的な刺激(一般的なシミの原因)が、表皮細胞である「ケラチノサイト」に働きかけると、「プラスミン」という物質が生まれます。

 

このプラスミンは、色素細胞である「メラノサイト」を活性化させてメラニン色素の生成を促します。メラニン色素は、ターンオーバーが乱れてうまく排出されないと、沈着してシミとなります。

 

トラネキサム酸は「抗プラスミン剤」という別称があることからも分かるように、プラスミンの働きを阻害することで、新たにシミや肝斑ができるのを事前に防ぐ、あるいはすでにあるシミや肝斑を改善する、といった働きがあるのです。

 

このトラネキサム酸は、「ビタミンC」や外用薬である「ハイドロキノン」といった塗り薬と併用することで、さらに効果を発揮すると言われています。

 

 

トラネキサム酸の副作用やリスクについて

 

トラネキサム酸は安全性が高い成分ではありますが、副作用として「食欲不振」あるいは「吐き気」などが起こる場合があります。

また前述の通り、トラネキサム酸は「止血剤」「抗炎症剤」として用いられてきました。リスクとしては特にこの「止血剤」という点に着目します。

 

トラネキサム酸は、プラスミンの働きを阻害して新たにシミや肝斑ができるのを防ぐ、というお話をしましたが、プラスミンにはもう一つ重要な働きがあります。

それは「血栓を溶かす」作用です。

 

血栓を溶かす作用を持つプラスミンの働きを阻害するということは、もともと血栓に関連する疾患をお持ちの方、血液凝固系の障害をお持ちの方などは、リスクがあるということを知っておかなければなりません。

 

また、トラネキサム酸は市販の歯磨き粉あるいは風邪薬などにも含まれています。それを知らずに併用してしまうことで、意図せず多量のトラネキサム酸を摂取してしまいかねません。

 

このようなリスクをしっかりと踏まえた上で使用することが大切です。

 

 

銀座ファインケアクリニックでの肝斑治療

 

飲み薬や塗り薬で肝斑を治療するということは、「長期戦」を覚悟しなければなりません。

その過程で副作用が出てしまうリスクや、費用がかさんでしまうリスク、あるいは最終的に納得がいく状態にまで改善しないリスクなども含まれています。
 

その点、銀座ファインケアクリニックで行なっている肝斑・シミに特化した治療は、これまで「治療が困難」であると言われてきた肝斑に対して、非常に大きな効果を発揮します。

副作用などのリスクもなく、安心・安全・確実に肝斑を除去できる治療方法です。

 

■そもそも本当にそのシミが肝斑なのかを診断します

肝斑は治療を誤ると悪化してしまいます。肝斑に似たシミもありますので、まずはご自身のそのシミが肝斑なのかを正確に診断することが何よりも大切です。

銀座ファインケアクリニックでは、シミ・肝斑に特化した治療を行なっており、専門の知識や豊富な経験を持った医師・看護師が見極め、患者様の肌質やご希望に沿って最適な治療方法を提案させていただきます。

 

■スペクトラによる治療で肝斑を綺麗に除去します

銀座ファインケアクリニックでは、最先端医療用レーザー機器「スペクトラ」を導入しています。

表在性のシミは一度の照射で、表在性ではない肝斑においても2週間ごとに繰り返し照射することで、綺麗に除去することが可能となりました。

治療時間も1回わずか15分程度、ダウンタイムも痛みもほとんどなく、その日のうちにメイクをしてご帰宅いただけます。

また肌のターンオーバーを活性化させる効果もありますので、継続して照射することによって肌質の改善、毛穴の縮小効果、美白効果、美肌効果など様々な効果がもたらされます。

 

肝斑やシミは「早く」「確実に」「安全に」消すことが肝心です。

肝斑やシミでお悩みの方はぜひ一度、ご相談ください。

シミ・そばかす
Copyright © 2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.