トップページ

30代~40代の女性に多い肝斑、原因を知って最適な治療方法を選択するために

シミには色々な種類があり、それぞれ原因や治療方法が異なります。その中でも特に女性を悩ませているのが「治療が難しい」と言われている肝斑です。正しい知識で適切な治療を行わなければ悪化してしまう可能性が大きくなります。肝斑の原因を知っていただき、最適な治療方法を選択するためにお役立てください。

肝斑とは?他のシミとの違いはどこ?

 

シミはどれも同じように見えて一つ一つ原因や治療方法が異なります。

 

たとえば一般的に「シミ」と言われている老人性色素斑というシミは、紫外線によるダメージを受けたことによって細胞が老化し、メラニン色素がうまく排出されずに蓄積してシミとなって現れたものです。

 

また、雀卵斑(そばかす)はその多くが遺伝的なものもと言われていますが、特に色白の方などは後天的にできるケースもあります。先天性・後天性問わず紫外線を浴びることによって増える可能性があります。

 

花弁状色素斑というシミもあります。これは、海水浴などに出かけた際、強烈な紫外線を短時間で一気に浴びた場合にできやすく、文字通り花弁のような形をしたシミが肩や背中、胸、腕などに現れるものです。スキーなどによる雪焼けでもできることがあります。

 

これらは主に紫外線が原因と考えられるシミですが、そのほかにもシミが角化して隆起し“イボ状”に盛り上がった脂漏性角化症、傷あとやニキビあとにそのまま色素が沈着してしまう炎症後色素沈着、皮膚が繰り返し刺激を受けたことによって色素沈着してしまう摩擦黒皮症などがあります。

 

そして、今回のテーマである「肝斑」は、これらのいずれにも属さないシミで、紫外線を浴びることによって悪化してしまう可能性はありますが、そもそもできる原因が異なると考えられています。

 

肝斑は30代~40代の女性に多く見られ、両ほほ骨に沿って左右対称にぼんやりと現れるという特徴があります。ほほ以外にも額や口の周辺に現れることがあります。

 

老人性色素斑が左右の同じような位置にできることもあり、初見での判断は難しいと言われていますので、「輪郭がはっきりせずぼんやりしている」「薄褐色で広範囲にモヤっと広がっている」「目の周りにはできず色が抜けたように見える」といったポイントも併せて覚えておくと良いでしょう。

 

女性を悩ませるこの肝斑の原因とは、いったい何なのでしょうか?

 

 

肝斑の原因は女性ホルモンって本当?

 

結論から言ってしまうと、肝斑の原因ははっきりと解明されていません。前述のように紫外線がきっかけで発症したり、紫外線を浴びることで悪化したりすることがありますので、紫外線とは全く関連性がないとは言い切れませんが、それよりも大きな要因になっていると考えられていることがあります。

 

それは「女性ホルモン」です。

 

なぜ女性ホルモンが関連していると考えられているのか?そこにはいくつか理由があります。

 

まず、肝斑は「30代~40代の女性」に多く見られるシミであるということです。

 

妊娠・出産・更年期前後など女性ホルモンのバランスに変化が起こりやすい年代に発症しやすいシミであることから、女性ホルモンの関与が考えられているのです。

 

ほかにも、経口避妊薬(ピル)の服用中は発症していたが服用をやめたら薄くなった、妊娠~出産を経て肝斑が薄くなった、50代後半を過ぎて症状が改善された、閉経とともに薄くなった、という方がほとんどであるということからも、女性ホルモンが深く関係している可能性が大きいと言えるでしょう。

 

これらの要素を考えると、前の項目でご紹介した老人性色素斑や花弁状色素斑といったシミが紫外線の刺激、つまり外的な要因によって作られる「表在性」のシミであるのに対し、肝斑は体の内側に原因がある「内在性」のシミであると言えます。

 

肝斑は加齢とともにいずれ消える、あるいは薄くなる可能性こそありますが、女性が最も輝ける30代や40代は、一度過ぎてしまえば取り戻すことができません。やはり早い段階で最適な治療をほどこし、症状を改善させていくことが大切になってくるでしょう。

 

 

そのほか、肝斑の原因になりうる生活習慣

 

肝斑と女性ホルモンとの関連性についてはご理解いただけたことと思いますが、それ以外にも肝斑の原因(遠因)となりうる生活習慣があります。直接的な原因とはされていませんが、こちらも併せて覚えておくと良いでしょう。

 

たとえばストレスなどは肝斑の遠因になりうる要素と言えます。

 

蓄積されたストレスは心身に様々な症状をきたしますが、その中の一つにホルモンバランスを乱すという作用があります。女性ホルモンのバランスが乱れることで肝斑を誘発してしまう可能性はゼロではありません。

 

不規則な生活、睡眠不足、あるいは日常的に受ける仕事や人間関係のストレスなど、ストレスの要因は様々ですので一概には言えませんが、リラックスできる時間を作る、適度な運動を取り入れる、規則正しい生活を心がける、質の良い睡眠をとるなど、自分なりのストレス解消方法を見つけておくことが大切です。

 

また、美を追求する女性はマッサージにも余念がありません。この時に注意したいのが、力加減やマッサージ方法です。

 

メラニンが生成されるのは皮膚を刺激から守るためでもありますので、力が強過ぎると刺激も強くなり、本能的にメラニンが生成されてしまうことがあります。

 

肌のターンオーバーに乱れもなく、しっかりメラニンを排出できるという方は溜まりにくいかもしれませんが、実際にはそのような方はそれほど多くありません。

 

ほとんどの場合、過剰に作られたメラニンがターンオーバーで排出しきれず、徐々に蓄積してやがてシミとなってしまいます。肝斑がある人はマッサージによって濃くなったり、ない人でも発症を誘発されたりする可能性があります。

 

マッサージをする際は力加減に気をつける、オイルなどを使って肌への刺激を最小限に抑えるといった工夫も取り入れてみましょう。洗顔をする際やメイクを落とす際も同様に、力加減を意識することをおすすめします。

 

また、マッサージ以外にもメイク落としの際にコットンで強く拭いてしまう、洗顔後にタオルでゴシゴシ顔を拭いてしまう、気になる箇所をついつい触ってしまう、といった物理的な刺激にも注意が必要です。徐々にダメージが蓄積し肝斑の誘発や悪化を招いてしまう可能性があります。

 

このように、紫外線のみならずホルモンバランスが見られやすい生活習慣や、外的な刺激を習慣的に与えているという場合も遠因となる可能性がありますので覚えておきましょう。

 

 

肝斑には正しい知識と適切な治療が肝心

 

肝斑の原因とされているものはご理解いただけたことと思いますが、原因を理解したところで簡単に症状が改善する訳ではないのが肝斑のやっかいなところです。

 

肝斑治療において最も大切なことは、そもそもそのシミが「肝斑であるかどうかを見極める」こと、そして「早期に適切な治療を開始する」ことです。

 

皮膚に現れるシミは必ずしも1種類とは限りません。老人性色素斑や雀卵斑などと重なって肝斑が現れることも実は少なくないため、見た目や特徴から安易に自己判断をしてしまうと見誤る可能性があります。

 

老人性色素斑や雀卵斑といった表在性のシミと肝斑とでは治療方法が異なりますので、判断を誤り適切でない治療を行ってしまうことで逆に悪化してしまうリスクがあるのです。

 

まずはシミの種類が何なのか見極めるために、正しい知識を持つ医師の診察を受けることをおすすめします。

 

しかしながら、まれに医師であっても判断が難しいケースがありますので、クリニックを選ぶ基準としては「シミや肝斑の治療実績が豊富なクリニック」を重視しましょう。診断の時点で最適な治療方法を提案してもらえますのでおすすめです。

 

なお、現在肝斑の治療には主に内服薬の服用が用いられています。

 

アレルギーや炎症を抑える効果がある「トラネキサム酸」と呼ばれる成分が肝斑治療に効果があることが分かっていますので、内服薬ではその成分が配合された「トランシーノⅡ」などのOTC薬品(市販薬)を服用している方も多いようです。

 

効果には個人差がありますが、8週間程度で効果が現れ始めると言われています。ただしトラネキサム酸には止血効果がありますので、長期間(2ヶ月以上)の服用は血液が固まりやすくなる・血栓ができやすくなるなどのリスクが伴います。

 

血栓をお持ちの方、腎機能が低下している方、ピルを服用している方、すでにトラネキサム酸が配合されている他の内服薬を服用している方などは服用に際して十分に注意が必要です。

 

*肝斑の主な原因と考えられているのは女性ホルモンであるとお伝えしましたが、このトラネキサム酸は女性ホルモンに影響を与える成分ではありません。

 

一部では美白効果がある外用薬なども用いられていますが、肝斑は体の内側に主因がありますので、肝斑治療という点ではほとんど効果が期待できないと言えるでしょう。

 

ただし、肝斑を「悪化させない」という点においては、日々の紫外線対策や生活習慣の見直し、そして十分な保湿や美白化粧品の利用などは効果的と言えますので、実践する価値はあるかもしれません。

 

 

表在性のシミも肝斑も1台で治療可能なスペクトラが最適

 

銀座ファインケアクリニックでは、表在性のシミはもちろん、これまで治療が難しいとされてきた肝斑に対しても大きな治療効果を発揮する最新のレーザー治療器「スペクトラ」を導入して、シミ・肝斑に特化した治療をご提供いたしております。

 

スペクトラの大きな特徴は、2種類の波長のレーザーとロングパルスモードが搭載されているという点です。

 

これらを症状に合わせて最適化して照射することで、表在性のシミにも肝斑のような内在性のシミにも高い治療効果を及ぼすことができます。

 

従来、肝斑に対するレーザー治療は悪化させてしまう可能性があるためタブーとされてきましたが、このスペクトラにおいては見事に肝斑治療が可能になったのです。

 

その実力は折り紙つきで、表在性のシミにおいてはたった一度の照射できれいな肌を実感していただけるほどです。

 

また、レーザー治療において心配される方が多い「痛み」についても最大限軽減されていますので麻酔や施術後の冷却などが必要ないうえに「ダウンタイム」もありませんので、施術を受けた後にガーゼや絆創膏を貼ることなく、その日のうちにメイクをしてご帰宅いただくことができます。

 

施術時間に関しても1回わずか15分程度と短くなっていますので、忙しい方でも安心して施術を受けていただくことができます。

 

内服薬や外用薬では非常に治療効果が出にくい肝斑ですが、このスペクトラの登場によって1回15分の施術を2週間ごとに繰り返し受けていただくだけで、きれいに除去することが可能になったという訳です。

 

さらに、スペクトラには肌のくすみ・色むらを解消する効果や、小じわの改善・美白効果などもありますので、照射を継続することによってキメやハリが整った肌本来の美しさを取り戻すことができます。

 

現在、当クリニックではまずスペクトラによる治療を体験してみたいという方に向けて、当クリニックで初めて施術を受けられる方に限り、初回トライアル価格をご用意いたしております。

 

肝斑治療には「ルートロトーニング」と呼ばれる治療を行うのですが、通常価格15,000円のところ、30%OFFの10,500円で受けていただくことができます(表示価格は税抜きです)。

 

スペクトラによる肝斑治療についてさらに詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

肝斑治療

 

 

最後に

 

今回は肝斑の原因を中心に、他のシミとの違いや治療方法などを解説してきました。繰り返しになりますが、大切なことは「シミの見極め」と「適切な治療」です。

 

シミの種類の判断に迷うときは、まず医師の診断を受け、最適な治療方法をアドバイスしてもらうことを一番に考えるようにしましょう。

 

治療が困難とされてきた肝斑も、今やレーザー治療で治る時代になりました。

 

内服薬でセルフケアという方法もありますが、効果が出にくいことや、用法・用量を誤ると悪化してしまう可能性や重大な副作用を招いてしまうといったリスクもあります。

 

当クリニックでは初めに医師による診断を行いそのシミが何であるか正確に判断し、その上で患者様のご希望を踏まえた適切な治療をご提案させていただきますので、皆様ご安心いただいて施術を受けていただいております。

 

紫外線が弱まるこの時期は、シミや肝斑治療に最適なタイミングと言われています。医師の監修のもと、安全・確実に、そして数回の施術できれいに肝斑を除去したい方はぜひ一度、当クリニックにご相談ください。

シミ・そばかす
Copyright © 2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.