トップページ

夏に向けたダイエットは正しい知識で!”夏までに痩せたい”を応援します!!

いよいよ梅雨に入り、まもなく夏本番を迎える時期となりました。水着や露出の多い服装など夏は女性にとってオシャレを楽しむ季節でもありますので、そこに向けてダイエットを始めようと思っている方も多いことと思います。夏は痩せやすいというイメージがありますが、果たして本当なのでしょうか?夏ダイエットに最適な運動や注意点、自己流ダイエットのリスクなどと共に解説をいたします。

”夏は基礎代謝が上がる”は間違い!?

 

夏は冬と比べてたくさん汗をかきますので、体感として「エネルギーが消費されている」「基礎代謝が上がっている」といったイメージを抱いてしまいがちです。しかし、実際には”冬の時期よりも基礎代謝が落ちる”のが夏なのです。

 

《夏の方が基礎代謝が落ちるとはどういうこと?》
私たちの体は、体温を常に一定に保つことで生命活動が維持されています。例えば外気温が低い冬の時期は体温も下がりやすくなりますので、その分基礎代謝を上げることでエネルギーを燃焼させ、熱を発生させて体温を一定に保っておかなければなりません。逆に夏の時期は外気温が高いため、基礎代謝を上げなくても体温を一定に保つことが可能です。”汗をかく”ということは”上がりすぎた体温を下げよう”という体の働きであって、基礎代謝が上がってエネルギーが燃焼しているから汗をかいている、ということではありません。

 

 

夏に痩せやすい人と太りやすい人の違いとは!?

 

夏に痩せやすい人と太りやすい人の違いをお話しする時に、特徴の一つとして「胃腸」が挙げられます。胃腸が弱い人は夏の暑さや冷たい飲み物の摂取なども加わってさらにその機能が低下し、食べたくても食べられないいわゆる「夏バテ」状態となります。そのため特別変わったことはしなくても夏場になると毎年3~4kgは体重が落ちてしまうです。一方で胃腸が強い人は夏の暑さでも食欲が落ちたり胃腸の働きが低下することはなく、むしろ「夏バテ防止」として栄養価の高い食材を摂取したり、ジュースやアイスクリームなど冷たい物を摂取する機会が増えてしまったりすることで太りやすくなってしまいます。

 

《スポーツドリンクはほどほどに》
水分やエネルギーを効率よく吸収でき、カリウムやナトリウムなど発汗によって失われやすい栄養素を補えることからも人気があるスポーツドリンクですが、摂取過多には気をつけましょう。糖分(砂糖・人工甘味料など)が多量に含まれており、急性糖尿病(ペットボトル症候群)や肥満などの原因となってしまいます。スポーツドリンクは飲み終わると口の中や喉がベタベタした感じになり”また飲みたくなってしまう”ため、続けて飲んでしまうとさらにそのリスクが高まります。熱中症対策などには有効ですが、飲みすぎには十分注意してください。なお、ペットボトル等に書かれている栄養成分の中の「糖質」はもちろんですが、糖質の表記がなくても「炭水化物」と表記されていればそれは糖質とほぼ同義語となりますので覚えておくと良いです。

 

 

夏ダイエットに最適な運動は!?

 

夏は街中を少し歩いただけで、たくさん汗をかき、疲労感を伴います。そのため、”運動した”ような感覚に陥ってしまいますが、実際にはそれだけでは不十分であり秋や冬などの時期に比べると運動不足に陥りがちです。

 

■ウォーキング・ジョギング
日中の気温が高い時間帯や日差しが強い時間帯は熱中症のリスクを増大させてしまいますので、しっかりと水分補給をしたり早朝に行うなどして、熱中症には十分に注意しながら行いましょう。まずは無理のない距離から始めることがポイントです。

 

■水泳
水中を歩くだけでも全身の筋肉に刺激を与えることができますので、泳ぐことが苦手な方はまずは水中ウォーキングから始めてみましょう。一度に長い距離を行う必要はありませんので、週に○日1回○分などと決めてコンスタントに行うことを心がけましょう。

 

■筋トレ
筋力アップは基礎代謝の向上につながります。夏の時期は外気温が高いおかげで冬の時期に比べると筋肉の柔軟性が高く、筋トレには向いていると言われています。特に体の中でも大きな太ももなどの筋肉を鍛えることで効率よく筋力アップが望めます。

 

《無理は禁物!まずは様子を見ながら!》
ウォーキングやジョギングなど屋外で行う運動は熱中症に十分に注意して行ってください。また水泳や筋トレなどもいきなり激しい負荷をかけるのではなく、無理のない程度から始めて徐々に負荷をかけて行くようにしましょう。ダイエットに即効性は求められません。焦りは禁物です。

 

 

自己流ダイエットのリスクを知っておこう!

 

昨今、ネットなどでも様々なダイエット情報を得ることができますので、それらを参考にしたりアレンジして自己流ダイエットをしているという方も多いのではないでしょうか。しかし、自己流ダイエットにはいくつかのリスクも潜んでいますので把握しておきましょう。

 

■過度な運動はNG
やる気があることは大いに結構なことですが、体が慣れないうちに激しい筋トレや長距離のウォーキングなどを行ってしまうと疲労感や筋肉痛などによってせっかくのやる気を低下させてしまいかねません。また、夏場は特に熱中症や脱水症状などのリスクもありますので決して無理には行わないように気をつけてください。

 

■誤った食事制限はNG
自分の体に不足している栄養素、十分に足りている栄養素は何かを的確に答えられる方はまずいないと思います。ネットなどの情報だけで安易に判断してしまうと、本来必要であるはずの栄養素が摂取できず体調不良を招いてしまったり、精神面への影響も考えられるのです。食事制限を行う場合は、医師などの専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。

 

またダイエット薬やサプリなども数多く販売されていますが、自己判断で服用しようとせず、しっかりと専門家のアドバイスを受けましょう。ダイエットを成功させるにはまず「自分の体質」を知ることが大切です。

 

 

”夏までに痩せたい”を応援します!!

 

体重が減ったとしても健康面に良くない影響が出てしまったり、ただ痩せただけでメリハリのある体にならなかったりしたら、それは「成功」と呼べるのでしょうか。私たち銀座ファインケアクリニックでは『健康的に』『美しく』痩せることができ、なおかつ『今後も太りにくい体質作り』をすることこそが本当のダイエットであると考えております。そしてそれらを満たすことができるダイエットこそが、当クリニックが提供する【医学的根拠に基づいたクリニックダイエット】なのです。

 

《選べるダイエットセット4つの施術内容》
(1)糖質制限食
医学的根拠に基づいて考え抜かれた、低糖質でありながら栄養満点の美味しいお食事を最新技術で冷凍し、毎週ご希望日にご自宅までお届けします。自己流の食事制限による栄養バランスの乱れといったリスクがなくなります。

 

(2)医療用EMS
今後も太らない体質を作るためには基礎代謝を上げることが大切です。医療用EMSでは通常の筋トレでは鍛えにくい深部の筋肉をしっかりと鍛えることができますので、効率よく太りにくい体質を目指せます。

 

(3)脂肪溶解注射
レシチンを中心としたアミノ酸やビタミン剤を注射するだけで脂肪を分解・溶解することができます。メリハリのある体を手にいれるために全体のバランスを見ながら必要な部分だけをサイズダウンすることが可能です。

 

(4)スリムスペック
ダイエットの大敵、セルライトを除去するのがスリムスペックです。圧力波が皮膚表面から組織内に放射状に広がり、深部にまで効果を及ぼすことができるこのスリムスペックによって、自己流では落とすことが困難なセルライトもしっかりと除去できます。

 

《選べるダイエットセット2つのコース内容》
(1)本気でダイエットコース100,000円(税抜)
クリニックダイエットを体験しつつもしっかりと結果を出したい方にはこちらのコースをお勧めしております。セット以外で治療した場合と比べて約40%OFFでお試しいただけます。
■糖質制限食:3食×1週間
■医療用EMS:1回
■脂肪溶解注射:10本
■スリムスペック:1回

 

(2)とことんダイエットコース200,000円(税抜)
とにかく何が何でも結果を出したいという方にはこちらのコースをお勧めしております。セット以外で治療をした場合と比べて約40%OFFでお受けいただけます。
■糖質制限食:3食×2週間
■医療用EMS:4回
■脂肪溶解注射:16本
■スリムスペック:2回

 

選べるダイエットコースについてさらに詳しい情報はこちらをご覧ください。
選べるダイエットコース

 

ダイエットは、いかに健康的に美しく痩せ、今後も太らない体質を作るかが大切であり、それを1人で行うことはとても困難なことです。ぜひ、私たちと一緒にダイエットを成功させましょう。当クリニックはあなたの”夏までに痩せたい”を応援しています。

ダイエット・小顔
Copyright © 2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.