陥没乳頭

へこんで外に出ない乳首「陥没乳頭」でお悩みの方へ

陥没乳頭は、出ているはずの乳首が引っ込んだ状態のことを言います。これは、日本人の女性に多く見られる症状です。刺激すると出てくる場合は特に問題はありませんが、重度の場合は、そのままにしておくと授乳時の妨げになったり、乳頭や乳腺の炎症の原因になったりすることがあります。
当クリニックの治療は、短時間で終了し、傷跡も目立ちません。将来の授乳にも差支えないので、安心して受けていただけます。お気軽にお問い合わせください。

当クリニックの陥没乳頭治療は健康保険が適用となります
両乳首 約44,000円(自己負担分)
片乳首 約22,000円(自己負担分)
図のように乳頭部分が上に出ておらず埋もれている状態が適応となります。

こんな方におすすめ

  • 乳頭が引っ込んでいる、しかも刺激しても出てこない
  • 乳頭に痛みやかゆみがある
  • 授乳の際に障害になってしまう、または授乳への影響が心配
  • 他院で治療を受けたが、元に戻ってしまった

陥没乳頭の治療について

手術の場合、乳頭部分を切開し、裏から乳首を押し上げ、凸型に整えます。

施術の流れ

SETP1 ご来院・カウンセリング

医師とのカウンセリングを行い、現在の陥没状況を確認した上で、ご希望を伺いします。その際に、患者様にとって最適な治療を決めます。

STEP2 施術開始

局所麻酔で行います。陥没の原因となっている乳首の根本の索状物を切り離し、乳首を引っ張る要因を解消します。
※乳管を再建する場合もございます。

STEP3 施術終了後

1週間後に抜糸が必要です。患部の入浴は抜糸後から可能です。シャワーは、治療の翌日から可能です。抜糸までは、程度により、当院オリジナルの装具を2~4週間のあいだ、付けていただきます。

料金