挙筋前転

挙筋前転(目の開きを大きくする)

挙筋前転とは、本来、眼瞼下垂症の症状に適応される形成外科的な手術手技で、瞼の開きを大きくすることができます。
当クリニックでは、術中にご自身で鏡を見ていただき、瞼の開く幅をご希望の幅に調整いたします。また、所謂「切開法重瞼」と同様に、二重まぶたの形成も同時に行います。

症例写真

Before
After(1ヶ月後)

手術のご説明

ご希望の二重の線に沿ったラインで皮膚を切開した後、筋肉とまぶたをつなげる手術です。患者様のご希望する二重が形成できます。また、目の開きも大きくなります。

切開するラインを決定

脂肪の多い方は除去も可能です

まぶたを持ち上げる筋肉の先端に腱膜があります

腱膜を引き出し、瞼板に縫い付けます

縫い合わせ終了となります

施術について

料金