FC式埋没法(切らない二重術)

FC式埋没法(切らない二重術)

FC式埋没法は、糸をまぶた内に「埋没させる」ことで二重瞼を形成する手術です。 実際には、糸により、瞼を開く筋肉である「眼瞼挙筋」と皮膚をつなぎとめることで、瞼を開く際に同時に皮膚も引きあがるようになり、重瞼線が形成されます。
基本的には糸の力で重瞼線を保っているため、一度手術を行た場合でも、別の位置に 糸をかけることでラインを修正したり、抜糸して形成した重瞼線を消失させることも可能です。

手術のご説明

当院では瞼板をいじらない挙筋法という方法で行います。術後のゴロゴロ感が少なく、角膜を傷つけません。
また、当院では術中に何度もデザインの確認をしながら、丁寧に施術いたします。

瞼板をいじらず挙筋と皮膚を縫合します

施術について

料金