トップページ

肝斑に効果的な薬は?副作用はある?最適な治療方法が知りたい!

「肝斑」は30代~40代の女性に多くみられるシミの一種です。一般的なシミとは異なり、長い間「治療が困難である」と言われてきましたが、現在はどのような治療方法があるのでしょうか?効果があると言われている薬やその他の治療方法をご紹介します。

肝斑の基礎知識と効果がある薬について

 

老人性色素斑など一般的な表在性のシミの原因は「紫外線」と言われていますが、肝斑の原因はこれらとは異なり、主に「女性ホルモン」のバランスが深く関与していると考えられています(紫外線がきっかけで発症したり悪化したりするケースもあります)。

 

原因が異なるということは治療方法も異なるということになるのですが、専門家でなければ見分けるのが困難なため、しばしば肝斑を一般的なシミと勘違いしてしまう方も少なくありません。

 

肝斑に対して美白ケアやビタミンCの補給などを行っても劇的な効果は期待できず、また判断を謝って一般的なシミに用いるレーザーを照射してしまうと悪化させてしまうため、これまで治療が困難であると言われ続けてきました。

 

そんな肝斑治療において用いられているのがトラネキサム酸配合の内服薬です。

 

特に「トランシーノⅡ」はそのトラネキサム酸を主成分としており「しみ(肝斑にかぎる)」の効能が認められたOTC医薬品(市販薬)です。

 

 

肝斑の治療薬に用いられる主成分、トラネキサム酸とは?

 

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、炎症を引き起こす「プラスミン」と呼ばれる酵素を抑制する「抗プラスミン作用」がある成分で、口内炎の治療薬や歯磨き粉など幅広く用いられている成分でもあります。

 

とはいえ「女性ホルモンが主な原因なのだからトラネキサム酸は女性ホルモンに何らかの影響を与えるのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、トラネキサム酸の作用は女性ホルモンの乱れなどを修正するものではありません。

 

メラノサイトを活性化させる「プラスミン」の働きを抑制することでメラニンの発生を阻止し、その結果として徐々に肝斑が薄くなっていくというものです。

 

ここまで読むとトラネキサム酸が配合されているトランシーノⅡなどは肝斑に対して非常に有効な薬と言えますが、一つ注意点があります。それは「副作用」です。

 

トラネキサム酸は抗炎症のほか止血剤としても使用されてきました。

 

そのため、長期間(2ヶ月以上)に渡って服用することで血液が固まりやすくなり、血栓を誘発してしまうリスクがあると言われています。血栓は脳梗塞、心筋梗塞、血栓性静脈炎などを招きかねませんので、服用には十分注意する必要があります。

 

特に

 

・腎機能が低下している方
・ピルを服用している方
・他にトラネキサム酸が配合されている薬を服用している方

 

などは注意が必要ですので、服用の前に必ず医師や薬剤師など専門家に相談しましょう。

 

服用の許可が得られれば、あとは用法・用量・そして服用期間をしっかりと守って飲み続ければ個人差こそありますが8週間程度で効果が現れ始めるとされています。

 

 

肝斑治療に用いられるその他の薬

 

トラネキサム酸以外に肝斑治療に用いられることがある成分が含まれた薬には次のようなものがあります。

 

*ハイチオール錠
メラニンが生成される時に「チロシナーゼ」という酵素が作られるのですが、そのチロシナーゼの生成を抑制する効果が期待できる「L-システイン」という成分が配合されています。なおトランシーノⅡにもL-システインが配合されています。

 

*ベクタン錠やシナール配合錠
ベクタンは抗酸化作用がある「ビタミンE」が配合されていますので、シミの多くの原因となる活性酸素に対して効果が期待できます。またシナールは「ビタミンC」「ビタミンB5」が配合されていますので、メラニンの生成を抑制したり沈着しているメラニンを分解したりといった効果が期待できます。

 

このように肝斑治療に対して効果が期待できる薬はいくつかありますが、いずれにおいても効果には個人差があり、また効果が出始めるまでに時間がかかるというデメリットもあります。

 

 

薬に頼らず安全・確実に肝斑を治療するなら銀座ファインケアクリニックのスペクトラ

 

当クリニックでは、これまで治療が難しいと言われてきた肝斑・シミに特化したレーザー治療を取り入れております。

 

従来、肝斑に対するレーザー治療はタブーとされてきたのですが、当クリニックが導入している「スペクトラ」を用いた治療によってその常識を覆し、2種類の波長レーザーに加えてロングパルスモード搭載のトリプルモードレーザーを使い分けることによって、肝斑をキレイに除去することが可能になったのです。

 

表在性のシミにおいてはたった一度の照射でも効果が現れ、キレイなお肌を取り戻すことができます(肝斑は表在性ではありませんのでご注意ください)。

 

一度の施術時間はわずか15分程度と短く、通っていただくペースも2週間ごとですので忙しい方でも安心して通っていただけるうえ、痛みも非常に少ないため麻酔や施術後の冷却なども必要ありません。

 

また、レーザー治療を受けられる方が気にされる“ダウンタイム”もありませんので、照射後にガーゼや絆創膏を貼ることなく、その日のうちにメイクをしてご帰宅いただくことができます。

 

さらに、このスペクトラはただの肝斑・シミ治療機ではありません。

 

治療を継続していただくことで小じわの改善、お肌のくすみや色むらの解消などもありますので、キメ・ハリの整った透明感のあるお肌を手に入れることができるのです。

 

当クリニックで初めて肝斑治療を受けられる方限定で、30%オフの初回トライアル価格(通常15,000円のところ10,500円)もご用意いたしております。

 

スペクトラ治療についてさらに詳しい情報はこちらに掲載されていますのでご確認ください。

 

スペクトラ

 

薬を飲むことで伴う副作用のリスクもなく、安全・確実に肝斑を除去することができるスペクトラは、他の治療でご満足いただけなかった方にも安心して受けていただくことができる治療方法です。

 

当クリニックではまず初めに医師によるカウンセリングで肝斑なのかその他のシミなのかをしっかりと診察したうえで最適な治療方法をご提案させていただいております。

 

肝斑・シミにお悩みの方はぜひ一度、当クリニックまでご相談ください。

シミ・そばかす
Copyright © 2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.