トップページ

20代でも油断は禁物!肝斑の正しい知識を身につけ適切な治療方法を知っておこう

多くの女性を悩ませているシミ、その中でも特に肝斑は原因が特殊で治療も難しいと言われています。今回は、20代のうちに身につけておきたい肝斑の正しい知識と適切な治療方法を解説します。

20代から身につける肝斑の正しい知識

 

肝斑は30代~40代の女性に多く見られると言われていますが、20代や50代であっても例外ではありません。

 

今は特に肝斑の症状が出ていないという20代の方でも、この先いつ現れるか分かりません。

 

いざ肝斑の症状が出た時に適切なケアを行えるよう、まずは20代のうちに肝斑に対する正しい知識を身につけておくことが大切です。

 

 

〈肝斑の原因〉
そもそも肝斑とは数あるシミの一種ですが、なぜ30代~40代に多いと言われているかご存知でしょうか?

 

それは「女性ホルモン」が深く関わっているのではないかと考えられているからです。

 

女性の30代~40代は、妊娠や更年期など女性ホルモンのバランスが大きく変化する時期でもあります。

 

こうした時期に発症し、出産や閉経することで肝斑が薄くなる、または消えることなどから、女性ホルモンが大きく関与しているのではないかと考えられているのです。

 

妊娠や出産は20代で経験する方も少なくありませんので、同じように女性ホルモンのバランスが変化したタイミングで現れることがあります。

 

また妊娠をしていなくても、ストレスの蓄積、睡眠不足、不規則な生活リズム、栄養バランスの偏った食生活などを繰り返していると女性ホルモンのバランスが乱れやすくなり、それがきっかけで肝斑を発症する可能性もあります。

 

そのほかにも

 

・経口避妊薬の服用の服用によって誘発される
・摩擦など外部からの刺激によって悪化する
・紫外線対策が不十分だった場合に悪化する

 

といったことも指摘されていますので、体の内側・外側両方からのケアが大切になってきます。

 

 

〈肝斑の特徴〉
肝斑には「左右対称に現れる」という大きな特徴があります。ほほ骨に沿うように、目尻の下あたりに、額や口の周辺に、など現れる部位も特徴的で、目の周辺にできることはありません。

 

しかしながら、老人性色素斑などのシミが偶然同じような場所にほぼ左右対称に現れる可能性もあるため、一見してそのシミが肝斑であると判断するのは難しいところでもあります。

 

老人性色素斑などのシミが、主に紫外線など外部からの刺激に起因するシミであるのに対し、肝斑は女性ホルモンという内部変化に起因するシミですので、その原因は明らかに異なります。

 

当然ながら治療方法も異なり、適切にケアしなければ悪化してしまうというリスクがありますので注意が必要です。

 

 

20代で肝斑ができてしまったら?しっかり治療するならスペクトラが最適!

 

20代でも、女性ホルモンのバランスが変化することで、肝斑が現れることがあります。

 

その時、まずはそのシミが本当に肝斑かどうかを見極めることが最も大切になってくるのですが、判断を誤り間違ったケアをしてしまうと悪化する可能性がありますので、医師の診察を受けることをおすすめします。

 

治療方法としては、トラネキサム酸配合の内服薬、トレチノインやハイドロキノンなどの外用薬がありますが、いずれも即効性がなく効果が出るまでに時間がかかるうえ、効果には個人差がありますので、満足のいく結果が得られない可能性があります。

 

もう一つ、レーザーによる治療も考えられますが、一般的な医療レーザー治療機は、効果は期待できてもなかなか結果が出にくかったり、逆に悪化してしまうケースがあったりなど、決定的な治療方法とまでは言えません。

 

そこでおすすめしたいのが、当クリニックで採用している最新の医療レーザー治療機「スペクトラ」による、シミ・肝斑に特化した治療です。

 

前述のように悪化してしまう可能性があることなどから、これまで肝斑に対するレーザー治療はタブーと言われてきました。

 

ところがスペクトラは、そうした医療レーザー治療機の課題を見事にクリアし、肝斑をキレイに除去することを可能にしたのです。

 

2種類の波長レーザーとロングパルスのトリプルモードレーザーが特徴のスペクトラは、老人性色素斑など表在性のシミであれば、たった一度の照射でもキレイな肌を実感していただくことができます。

 

肝斑のように表在性でないシミに対しても、2週間ごとに施術を繰り返すだけで従来の治療方法よりも早く、そしてキレイに除去することが可能です。

 

施術にかかる時間は1回わずか15分と短いため、忙しい方でも安心して通っていただくことができますし、痛みが少ないため、麻酔や施術後の冷却も必要ありません。

 

また、気にされる方が多い照射後のダウンタイムもありませんので、その日のうちにメイクをしてご帰宅いただくことができます。

 

現在、当クリニックでは、初めてスペクトラによる肝斑治療を受けられる方限定で、初回トライアル価格をご用意いたしております。

 

トライアルでは、通常1回15,000円(税抜)の肝斑治療“ルートロトーニング”を、30%OFFの10,500円(税抜)で受けていただくことができます。

 

シミや肝斑をキレイに除去できるだけでなく、スペクトラによる治療を継続していただくことで小じわの改善や美白効果が得られ、キメ・ハリの整った本来の素肌の美しさを取り戻すこともできます。

 

 

もちろん20代にできた肝斑の治療は20代のうちに!

 

肝斑は20代で現れるケースも決して珍しくありません。

 

放置してしまうと老けて見えたり不健康そうに見えたり、紫外線や摩擦などの刺激で悪化してしまったりなど、女性にとって大切な時期に大きな影響を与えてしまいます。

 

20代にできた肝斑は20代のうちにしっかり治療するために、ぜひ当クリニックのスペクトラをお試しください。

シミ・そばかす
Copyright © 2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.