トップページ

1日も早く消したい!シミ消しに効果的なレーザー治療とは?

女性の悩みの中でも特に多いと言われているシミ、できれば1日も早く消したいと思うものです。今回はシミについての基礎知識や、シミ消しに効果的なレーザー治療をご紹介します。

シミ消しに対して最も即効性があるのはレーザー治療

 

シミの治療には主にビタミンCやトラサミンなどが配合された「内服薬」、ハイドロキノンやトレチノインが配合された「外用薬」、そして今回ご紹介する「レーザー治療」の3種類あります。

 

この中でシミ消しに対して最も即効性があるのはレーザー治療です。

 

シミの原因の多くは長年にわたって紫外線を浴びたことによる「メラニン色素」が蓄積したことであると言われていますが、レーザーはそのメラニン色素(黒や茶色)にのみ反応する特殊な性質を持っています。

 

ですので、肌を傷つけることなくメラニン色素細胞に直接ダメージを与え、破壊することが可能なのです。

 

一方の内服薬や外用薬はホルモンのバランスを整える、肌のターンオーバーを活性化させるなどの効果が期待できますが、即効性という点ではレーザーよりも劣る上に効果が出るのが遅い(あるいは効果が出ない)方も少なくありません。

 

 

シミ消しレーザー治療を受ける際の注意点

 

まれに照射後一時的にシミが濃くなったように感じる方もいますが、肌のターンオーバーのタイミングとともに徐々に薄くなりますので心配はありません。

 

しかしながら、レーザー照射後は肌が敏感になっていることがありますので、治療期間中はそれまで以上に日焼け止めや保湿などの紫外線対策を入念に行ったり、直接的な刺激を避けたり、ストレスを溜め込んだりしないような生活を心がけましょう。

 

 

シミ消しに効果的なレーザーはシミの種類によって異なる

 

シミにはいくつもの種類があり、それぞれ適した治療方法があります。特に下記でご紹介する炎症後色素沈着や肝斑は、治療方法を誤ると悪化してしまうリスクが高くなりますので注意が必要です。

 

一般的にレーザー治療が効果的と言われているシミは

 

・老人性色素斑
一般的なシミと言われているものが老人性色素斑です。主に紫外線が原因とされています。

 

・雀卵斑(そばかす)
後天性のものもありますが多くは遺伝によるものです。紫外線の影響で濃くなったり増えたりします。

 

・脂漏性角化症
イボのようなシミで触れるとザラザラしています。最初は1~2mm程度ですが、徐々に大きくなります。

 

・花弁状色素斑
海水浴などで強烈な紫外線を短時間で浴びた際に、背中や肩、胸元などに花びらが散ったようにできるシミです。

 

このような種類のシミです。
一方、レーザー治療に向かないと言われているシミは

 

・炎症後色素沈着
ニキビ跡、傷跡、虫刺され跡などがそのまま色素沈着してシミになったものです。

 

・肝斑
30代~40代の女性に多いと言われていて、頬骨や額などに左右対称でぼんやりと現れるのが特徴です。

 

このような種類のシミです。

 

これらのシミは見た目で判断がつきにくいものが多く、また一つのシミに別のシミが重なっているケースもありますので、できれば自己判断は避けた方が無難です。

 

適切なシミ消しレーザー治療を受けるためにも、まずは医療機関で“ご自身のシミが何であるか”を診断してもらいましょう。

 

 

肝斑治療も可能な銀座ファインケアクリニックのシミ消しレーザー治療

 

当クリニックでは最新の医療レーザー治療機スペクトラ
を導入し、通常のシミのほか、これまで治療が困難であるとされていた肝斑に特化した治療もご提供いたしております。

 

スペクトラは肝斑治療を可能にしたほか、表在性のシミについてはたった一度の照射でも効果が現れ、綺麗な肌を実感していただけます。

 

治療時間もわずか15分程度と短く、また施術後のダウンタイムもありませんので、その日のうちにメイクをしてご帰宅いただけることからも大変人気の治療方法です。

 

またレーザー以外のシミ治療も行っております。

 

フォトフェイシャルでは、顔にまんべんなくIPLを照射することで真皮層の線維芽細胞が刺激され、細胞の活性化やコラーゲン再生能力が向上します。シミやソバカス、毛穴の引き締めなど複数の肌トラブルを同時に改善することが可能な治療方法です。

 

あるいは、ヒトの胎盤から精製した栄養素プラセンタを肌に直接注入することで肌に栄養が行きわたり、シミの改善はもちろん、シワ、毛穴の引き締め、肌の若返り効果なども得られる治療方法もあります。

 

このように、当クリニックでは肌の外側からだけでなく、内側からもシミを見極める治療をご提供いたしております。

 

 

まずは一度、お気軽にご相談ください

 

肝斑は紫外線によって悪化する可能性もありますが、最も大きな要因として女性ホルモンが関与していると考えられています。

 

通常のシミ治療に用いられるレーザーを照射してしまうと悪化してしまうリスクがありますので、診断には細心の注意が必要です。

 

また、シミは肝斑だけではありません。

 

老人性色素斑などは紫外線を浴びたことによってDNAが損傷し、肌を守るために一時的に増加したメラニン色素が蓄積してしまうことで発症しますし、雀卵斑などは遺伝的なもののほかにホルモンの関与も考えられています。

 

このようにシミはそれぞれ原因や治療方法が異なりますので、最初の診断が非常に重要になってきます。

 

当クリニックでははじめに医師による診断でシミの種類を正確に判断し、数ある治療方法の中から最適な治療をご提案させていただいております。

 

シミの治療でお悩みの方はぜひ一度、当クリニックにご相談ください。

シミ・そばかす
Copyright © 2017 MFC Medical Corporation. All rights reserved.